世界の企業が注目する「ウェルビーイング」とは?取り組むメリットや事例を紹介

世界の企業が注目する「ウェルビーイング」とは?取り組むメリットや事例を紹介

人材不足や生産性の低下、従業員の高い離職率など、日本企業はさまざまな課題を抱えています。解決に苦慮している企業も多いのではないでしょうか。

「ウェルビーイング」の考え方を取り入れれば、現在抱えている課題を解決できるかもしれません。今回は、近年急速に注目を集めているウェルビーイングの概念と、企業としてウェルビーイングを向上させるメリット、具体的事例を紹介します。労働力の確保や、従業員定着率の向上、愛社精神を持った人材の育成、生産性・業績の向上などを目指す際に、ぜひご一読ください。

ウェルビーイングとは?

ウェルビーイング
まずは、ウェルビーイングがどのようなものか、基本的な情報をまとめて確認してみましょう。

ウェルビーイングの意味

ウェルビーイング(well-being)とは、良いという意味のWellと在り方という意味のBeingを組み合わせた言葉で、直訳すると「幸福」「健康」という意味です。一般的には、身体的・精神的・社会的のすべてが満たされた状態、良好な状態であることを指します。

厳密な定義はさまざまですが、厚生労働省では、「個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念」としています。世界保健機関(WHO)憲章においては、「健康」と同義で多く使われています。ここでいう健康とは、「病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」と定義づけられています。

従業員の幸福度は組織に好影響を与えるとして、近年ビジネスにおいて注目されている概念です。

ウェルビーイングとウェルフェアの違い

ウェルビーイングと混同されやすい言葉に、ウェルフェア(welfare)があります。ウェルフェアは、直訳すると「福祉」「幸福」という意味ですが、日本では「福利厚生」という意味で使われています。

ウェルビーイングもウェルフェアも、従業員の幸福を増進させ、エンゲージメントやモチベーションを向上させるものです。ただし、ウェルビーイングは従業員を幸福・健康にするための「目的」、ウェルフェアは目的を達成するための「手段」としての意味合いが強くなります。

ウェルビーイングの3つの側面

ウェルビーイング
科学技術振興機構社会技術研究開発センターの「日本的 Wellbeing を促進する情報技術のためのガイドラインの策定と普及」では、ウェルビーイングを3つの側面に分けて解釈を紹介しています。

  • 医学的ウェルビーイング
  • 快楽主義的ウェルビーイング
  • 持続的ウェルビーイング

従来は、ウェルビーイングは、快楽主義的ウェルビーイングのことを意味することが多かったものの、近年は持続的ウェルビーイングを意味することが主流なっています。

Medical Well-being(医学的ウェルビーイング)

医学的ウェルビーイングは、心身の機能が不全ではない、病気ではない状態のことを指します。健康診断やメンタルヘルス調査、日誌や日記など自己報告の資料で測ることができます。医療の領域なので、日常生活や意識のなかに浸透しているものです。

Hedonic Well-being(快楽主義的ウェルビーイング)

快楽主義的ウェルビーイングは、その瞬間の気分の良し悪し、快・不快、一時的かつ主観的な感情を表すものを指します。表情や心拍数、ホルモンなど、生理指標によって測られます。一時的な感情なので、幸せか否かを問われた際の回答は、快楽主義的ウェルビーイングが多いといわれています。

Eudaimonic Well-being(持続的ウェルビーイング)

持続的ウェルビーイングは、潜在能力を発揮し、人生の意義を感じている状態を指します。いわゆる「いきいきとした状態」で、持続的・包括的な豊かさの指標となります。開花を意味するフローリシング(flourishing)と表現されることもあります。

ビジネスにおけるウェルビーイング5つの構成要素

ウェルビーイング
ビジネスにおけるウェルビーイングは、アメリカの大手世論調査会社ギャラップ社による調査結果が有名です。ギャラップ社の幸福度を計る指標は、世界幸福度ランキングにも採用されるほど。。

ここでは、ギャラップ社が導き出した、ウェルビーイングを構成する5つの要素をみていきましょう。

Career well-being(キャリア ウェルビーイング)

キャリアウェルビーイングは、仕事と私生活のキャリアに関する幸福を指します。キャリアの一部として、仕事だけではなく、家事・子育て・学習・趣味・ボランティア活動など1日の多くの時間を費やしているものが含まれます。仕事と私生活のキャリア構築は、ワークライフバランスを保つことにつながるとされています。

Social well-being(ソーシャル ウェルビーイング)

ソーシャルウェルビーイングは、人間関係に関する幸福を指します。人との交流の量だけでなく、どれだけ幸福をもたらす関係性を築けているか、信頼と愛情がある関係性を築けているかが重要です。ビジネスにおいては、上司・部下・同僚との人間関係を指します。人と深いかかわりを持つことで、日々の生活がより充実します。

Financial well-being(ファイナンシャル ウェルビーイン)

ファイナンシャルウェルビーイングは、経済的な幸福を指します。報酬を十分に得られる手段があるか、資産を自分で管理・運用できているか、経済的な幸福に納得できているかがポイントとなります。

Physical well-being(フィジカル ウェルビーイング)

フィジカルウェルビーイングは、身体的な幸福を指します。心身共に健康であり、毎日の生活や仕事に前向きに取り組めているかが判断基準となります。十分なエネルギーを持って動ける状態にあれば、仕事に対するモチベーションも向上するものです。

Community well-being(コミュニティ ウェルビーイング)

コミュニティウェルビーイングは、コミュニティに関する幸福を指します。コミュニティとは、利害を共にし、深い結び付きのある集まり「共同体」と訳されます。家族や親戚、友達、学校など、地域社会においてコミュニティが形成されているかがポイントです。ビジネスにおいては、職場や取引先でのコミュニティのなかで人と適切な関係を持つことで、充実感を得ることができます。

その他のウェルビーイングの定義

ウェルビーイング
先述のとおり、ウェルビーイングに明確な定義はなく、さまざまな心理学者や哲学者も、ウェルビーイングについて定義付けています。ここでは、簡単にウェルビーイングに対するその他のアプローチをみてみましょう。

フローの状態

フローの状態とは、何かに没頭して、他のことを忘れる状態を指します。アメリカの心理学者のミハイ・チクセントミハイがフローと命名しました。「フローの体験」とも呼ばれます。これは、だれにでも起こり得る状態であり、趣味や読書に没頭した経験、スポーツやゲームでゾーンに入った経験がある人も多いのではないでしょうか。この何かに没頭するという経験は、ウェルビーイングの向上につながるといわれています。

PERMA理論

アメリカの心理学者マーティン・セリグマンは、一時的な快楽だけでなく、複数の要素の組み合わせ決まるというPERMA理論を提唱しました。PERMAは、ウェルビーイングを構成する要素、快楽・ポジティブな感情(Positive Emotion)フローの状態・没頭(Engagement)や良好な人間関係(Relationships)、他者・社会への貢献(Meaning)、達成(Achievement)の頭文字です。

幸福(エウダイモニア)

古代ギリシアの哲学者アリストテレスは、人が活動するときは何かしらの“善”を目的としており、最高の善が幸福(エウダイモニア)であることを説きました。そして、一時的な快楽・ポジティブな感情だけでは、幸福は実現できない、理性的活動によって潜在能力を開花させることで初めて実現するとしました。アリストテレスの幸福(エウダイモニア)論は、今日の持続的ウェルビーイングの土台となった考え方です。「日本では持続的幸福(論)」とも訳されることもあります。

主観的ウェルビーイング

主観的ウェルビーイングは、アメリカの心理学者であり作家のエド・ディーナーによって定義付けられた幸福に対する考え方です。主観的ウェルビーイングでは、幸福を測る尺度として、人生の満足度・ポジティブな感情・ネガティブな感情の3要素があるとしています。人生の満足度が高く、ポジティブ感情を増やし、低いネガティブ感情減らすことで、主観的ウェルビーイングは高まります。

ウェルビーイングが注目されている背景

ウェルビーイング
古代ギリシア時代から考えられてきたウェルビーイングが、なぜ近年になりビジネスシーンで注目されているのでしょうか。

ここでは、ウェルビーイングに注目が集まっている理由を解説します。

価値観の多様性が高まっている

多様性の時代において、それぞれの能力を活かし、円滑なコミュニケーションを取るためには、多様性を受容することと、各々がウェルビーイング(幸福)な状態になる環境を整備する必要があるといわれています。

近年、価値観の多様化が高まっており、「ダイバーシティ(多様性)」という言葉も浸透しました。ビジネスでも、国籍・人種・年齢・性別・経歴・働き方と、さまざまなバックグラウンドを持った人たちが、一緒に働くケースが増えています。多様な人材が集まる組織では、それぞれが違いを理解し、お互いを尊重しなければ、成果はもちろん、各々の幸福にはつながりません。価値観の多様性が高まることで、ウェルビーイングがより求められる社会になっているといえるでしょう。

SDGsで国際目標として掲げられている

「SDGs(エスディージーズ)」の目標のなかに、ウェルビーイングの実現に関するものが組み込まれています。

SDGsは、2030年までにより良い世界の実現を目指す、17の持続可能な開発目標を指します。2015年の国連サミットで採択されました。このSDGsの目標の1つに、「すべての人に健康と福祉を」という目標が定められています。

SDGsは193ヵ国が参加する国際的な目標であり、2030年がいよいよ近づいてきている現在、世界中でSDGsへの取り組みが活発化しています。日本でもSDGsの文字を、街中で見かけた人も多いのではないでしょうか。SDGsの目標の1つであるため、以前に増して世界的にウェルビーイングへの注目が集まっています。

労働力の確保が難しくなっている

日本では、少子高齢化により、労働人口が減少傾向にあります。人手不足に悩む企業も多くなりました。そのような中、ウェルビーイングに取り組めば、従業員の幸福度・満足度が上昇し、定着率の向上・人材流失の防止に効果的だと注目されています。

日本の労働者不足を補うためには、女性や事情があって働けない人の労働力率を上げる必要があります。そこで、「育児・介護と仕事の両立」「病気・障害治療と仕事の両立」が求められており、それらを実現させるためには、仕事だけでなく人生そのものの幸福を考えるウェルビーイングの考え方が欠かせません。労働力の確保という面でも、ウェルビーイングがポイントとなっているのです。

働き方改革が推進されている

日本では、2019年より働き改革が積極的に推進されています。ウェルビーイングは、この働き方改革の実現にも有効な考え方だとされています。

働き方改革とは、「働く人々が事情に応じて、多様な働き方を選択できる社会」の実現に向けた取り組みを指します。ウェルビーイングは、身体的・精神的・社会的のすべてが満たされた状態です。ウェルビーイングに取り組むことで働き方改革が目指す社会に近づく、働き方改革に取り組めば、ウェルビーイングの向上につながることになります。

実際に、この働き方改革では、日本の労働者の負担となってきた長時間労働の解消や雇用形態による格差の是正が進み、労働者が健康で働きやすい社会に一歩前進しています。

新型コロナウイルス感染症が流行している

新型コロナウイルス感染症の流行によって、心身共に不調になる従業員が出てきています。従業員のパフォーマンスを維持するために、働きやすい環境づくりや心身の健康の維持、キャリアパスの再設計などウェルビーイングの考え方が求められています。

新型コロナウイルス感染症によって、世界でも日本でもリモートワークが普及しました。リモートワークは生産性の向上や幅広い人材の確保などさまざまなメリットがある一方で、ストレスを感じる人も増えました。原因として、自粛生活でリアルに人と接する機会が減ったことによる閉塞感や働く環境の整備不足、運動不足、プライベートと仕事を切り替えにくいことなどが挙げられます。

社会情勢や従業員のニーズに合わせて、企業は従業員のウェルビーイングを考える必要があるのです。

企業がウェルビーイングに積極的に取り組むメリット

ウェルビーイング
従業員の幸福と聞くと、企業にはメリットが薄い印象を受けますが、ウェルビーイングに関する取り組みは、企業にとっても大きなメリットを生みます。むしろ、企業が今後の社会で生き残るためには、ウェルビーイングの実現が必須といえるかもしれません。

ここでは、企業がウェルビーイングの考えを取り入れるメリットを解説します。

健康経営の推進

近年、「健康経営」の重要性が叫ばれています。健康経営とは、従業員の心身の健康を保つことで、企業の業績向上につなげる経営手法です。健康経営が実現すれば、企業が負担している従業員やその家族の保険料を抑制できます。また、従業員の健康と生活を守ることで、従業員のモチベーションやパフォーマンスを向上させ、生産性低下の防止や、優秀な人材の確保、最終的には企業の業績向上が期待できます。

健康経営とウェルビーイングは近しい考え方です。ウェルビーイングを実現すれば、自ずと健康経営も実現するといえるでしょう。

人材の離職率低下・定着率の向上

先述のとおり、日本では労働力の確保が難しくなっており、ウェルビーイングを高めることは人材確保に効果的です。

ウェルビーイングに取り組めば、従業員の仕事・プライベートの双方をより良いものにすることができます。とくに、心身のストレスになりやすい仕事において、「働きやすく働きがいのある」「仕事とプライベートの両立ができる」「希望のキャリアを歩める」といった職場が整備されていれば、辞めたいと思う人のほうが少ないのではないでしょうか。

従業員のエンゲージメントの向上

従業員のエンゲージメントは、生産性や定着率に直結します。ウェルビーイングは、従業員のエンゲージメントにも好影響を与えます。

エンゲージメントとは、企業に対する「愛着心」「企業との絆」「愛社精神」「思い入れ」などを意味します。日本企業の目下の課題は、人材の確保です。報酬・待遇だけで優秀な従業員をつなぎとめていると、より好条件の企業が見つかり次第、すぐに他社に移られてしまうリスクがあります。一方、エンゲージメントを高めておくことで、報酬・待遇以外でも従業員とつながりを作ることができるのです。

生産性・業績の向上

ここまでの話からわかるように、ウェルビーイングが実現すれば、個人・チームの生産性が向上し、業績アップも期待できます。

心身共に健康で、企業に対するエンゲージメントが高いということは、従業員は仕事に集中できるだけでなく、積極的に仕事に取り組める状態にあるということです。心身の健康がパフォーマンスに与える影響は言わずと知れたことでしょう。エンゲージメントの高さが、個々・チームの生産性アップに影響することも、近年の調査・研究で判明しています。

ウェルビーイングを取り入れた世界&日本の企業事例

ウェルビーイング
最後は、実際にウェルビーイングの取り組みを始めている企業をみてみましょう。ウェルビーイングの実現方法や取り組みの内容は、各社異なります。自社に合う取り組みを検討する際の参考にしてください。

ユニリーバ・ジャパン

ユニリーバ・ジャパンでは、2016年から柔軟な働き方ができる「WAA(ワー))」という制度を導入してきました。

WAAでは、いきいきと働き、人生そのものを健康に楽しく豊かなものにする「ワーク・イン・バランス」の考えのもと、働く時間や場所を自由に選ぶことができます。WAAがあることで、育児中でも、家族と過ごす時間を持ちながら、仕事を続けることが可能です。仕事・プライベートと双方において、従業員の人生の幸福を考えた、ウェルビーイングに対する代表的な取り組みといえるでしょう。

Google

世界的に、従業員の働きやすさや満足度が高いことが知られており、世界最高の職場ともいわれるGoogle社では、社内ルールや社風そのものがウェルビーイングを高めているといえます。

たとえば、Google社では、長時間労働をする人は、周囲からの評価や尊敬を得ることはできません。上司は、働きやすい環境を作り、メンバーの成功に向けて積極的にサポートすることが仕事とされています。「20%ルール」というプログラムでは、勤務時間の2割は、自分が個人的にしたいプロジェクトに使うことができます。営業担当者でも、開発に興味があれば、勤務時間の20%は開発の仕事を経験することができるのです。ウェルビーイングが非常に高い企業であり、業績については言わずもがなでしょう。

株式会社イトーキ

株式会社イトーキは、従業員の健康を増進する「Workcise(ワークサイズ)」という制度を導入し、健康経営に取り組んでいます。

その他さまざまな施設における空間づくりを担っているイトーキらしく、オフィス内に階段を設け、自然と従業員が歩けるレイアウトを採用しています。また、上下昇降デスクで、立ったまま会議を行う、スタンディングワーク・スタンディングミーティングを実施。オフィス内にも立ったまま仕事ができたり、休憩できたりするスペースが設けられており、健康を意識した働き方ができます。自社の事業を活かした取り組みだといえるでしょう。

味の素株式会社

味の素株式会社では、働き方改革で働きがいを向上させつつ、健康経営を基盤としてその他すべての施策を行っています。

2013年に「Work@A~味の素流働き方改革~」を立ち上げ、2014年にはコアタイムなしのスーパーフレックス・時間単位有休・テレワークを導入しました。自社サービスの「アミノインデックス」がんリスクスクリーニング検査を定期健康診断に加えたり、全従業員の面談を行ったりと、心身の健康維持にも努めています。

株式会社ローソン

株式会社ローソンでは、健康経営宣言をし、従業員の健康維持の向上に努めることを宣言。健康の増進と、家庭生活の充実によって、人材の確保・医療費の削減、パフォーマンス維持・向上を目指しています。

たとえば、2015年から始まったローソンヘルスケアポイントは、心身の健康に関するタスクを達成するたびにPontaポイントが付与されるプログラムです。健康チェックや生活習慣チェックで健康リスクや改善点を確認したり、健康診断で生活習慣病リスクがなかったりすればポイントが付与されます。自社のサービスを上手く取り入れた施策ではないでしょうか。

楽天グループ株式会社

楽天グループでは、新型コロナウイルス感染症によって作り出されたニューノーマルな時代に対応するために、2020年「コレクティブ・ウェルビーイング」についてまとめたガイドラインを作成しました。

このガイドラインでは、仲間・時間・空間に余白を作ることを推奨しています。余白とは、たとえば時間や心の余裕だったり、心身を休める場所だったりと、人それぞれです。このコレクティブ・ウェルビーイングの実現のため、在宅勤務や時差出勤制度で柔軟な働き方を選択できたり、チームミーティングでのストレッチが実施されたりと、さまざまな施策が講じられています。

日本経済新聞社

日本経済新聞社は、「Well-being Initiative」を創設したり、ウェルビーイングのシンポジウムを実施したりと、精力的にウェルビーイングの普及に取り組んでいます。

また、東京本社・大阪本社では診療所を運営し、支社の一部では一般病院と診療契約を結び、従業員の健康維持を測っています。また、24時間電話で相談ができる窓口が設置されており、心身の健康や育児・看護に関する不安を話すことができます。ウェルビーイングの普及にも力を入れている事例といえるでしょう。

ウェルビーイングは企業の課題解決につながる考え方

ウェルビーイング
本記事では、近年一気に注目度が高まっている「ウェルビーイング」について詳しく解説しました。ウェルビーイングの考え方は、日本企業が抱えるさまざまな課題の解決につながります。ウェルビーイングの本質を考え、従業員の人生そのものの幸福と企業の成長の実現を目指してみましょう。

ヘッドハンティングをご検討中の企業様へ

ヘッドハンティングを
ご検討中の企業様へ

応募を待つだけではない、欲しい人材に
こちらから積極的に
アプローチする
“攻めの採用手法”をお試しください

ヘッドハンティングのご質問・
ご相談はこちらまで

0120-264-552
受付時間 月~金 9:00~17:30

人事ねたに関連する記事