FOR PERSONS CONTACTED BY HEADHUNTER

ヘッドハンティングの
ご連絡を差し上げた方へ

この度は弊社ヘッドハンターより突然のご連絡失礼いたしました。恐らく現時点では転職の意志もお持ちでない貴職に対しなぜこのようなコンタクトがなされたのか、弊社が信頼できる会社なのか等、さまざまなご懸念があることとご想像いたします。このページはそんな貴職のためにお声がけの背景やこれまでの事例、また、よくあるご質問を掲載しております。少しでも貴職の不安が解消され、お声がけを前向きにご検討いただけるきっかけになれば幸いです。

BACKGROUND

お声がけの背景

弊社は事業課題を抱えた経営者や事業責任者の方から人材採用の依頼を受け、ヘッドハンティングを行っております。今回もクライアントから依頼を受け人材を探しておりましたところ貴職に辿り着き、ご連絡を差し上げた次第です。

今回のお話が貴職にとって実りあるものになるかどうかは正直わかりません。しかしながら、私達がお届けする情報が貴職にとって決してマイナスになる事は無いと確信しております。なぜなら、目まぐるしく変化する現代において、自身の市場価値を客観的に認識し、キャリアの選択肢を複数持っておくことが将来にむけた確かなリスクヘッジになると私達は様々な事例から実感しているからです。

企業がどのような背景で候補者様を求めているのかだけでもお伝えできればと思います。お気軽にご連絡ください。

CASE STUDY

事例紹介

候補者様が辞退されたものも含め、これまでの事例をいくつかご紹介します。

移籍された事例

Aさん(50代)

クライアントは従業員10,000名以上の産業機械メーカー。伸張事業の拡大にともない、技術部門を新設するための部門長ポジションの人材獲得が必要となりました。同社では歴史の浅い事業のため、同事業のノウハウを持ったマネジメントクラスを社外から招へいしたいとの依頼がありお声がけをしました。

クライアントから事業への熱い思いを聞くうちに、Aさんは重役を担うことへの重責よりもやりがいを重視するようになられました。現職に残れば安定した生活が送れる事は保証されていますが、これまで得たキャリアを活かせるポジションに定年までの残り10年を賭けてみようと移籍を決意されました。

ご辞退された事例

Tさん(40代)

クライアントは兵庫県にある鉄鋼メーカー。40歳前後のマネジメント層候補を獲得したいとの依頼がありお声がけをしました。Tさんはお声がけの背景やクライアントの情報、今回のポジションや役割の詳細を知りたいと面談に応じてくださいました。お声がけの背景や組織構成、現状の課題など、通常では知り得ない話を技術責任者からお聞きになり、本社への訪問を含めて複数回の面会を実施させていただきました。

最終的にはクライアントからTさんへのオファーがありましたが、単身で関西へ移住することへの懸念などを理由にご本人より辞退のお申し出がありました。クライアントも理解を示され、考え直す機会があればいつでも来て欲しいと、双方の合意を経て終了した事例です。

その他の事例

生産技術部門の内製化に伴うヘッドハンティング(43歳)
BEFORE
工作機械メーカー 開発課長
年収
750
万円
AFTER
機械装置メーカー 生産技術部長
年収
880
万円
新規部門の設立に伴うヘッドハンティング(51歳)
BEFORE
自動車部品メーカー 生産技術部長
年収
800
万円
AFTER
重工業メーカー 生産技術部長
年収
920
万円
プラント建設受注の拡大に伴うヘッドハンティング(40歳)
BEFORE
プラント設備建設 エンジニア次長
年収
850
万円
AFTER
プラント設備建設 エンジニア課長
年収
1030
万円
技術力の強化に伴うヘッドハンティング(48歳)
BEFORE
技術コンサル 建設コンサル
年収
750
万円
AFTER
技術コンサル 建設コンサル
年収
850
万円
新規サービスのアプリ開発に伴うヘッドハンティング(34歳)
BEFORE
スマホアプリ 開発開発本部長
年収
600
万円
AFTER
ネット情報サービス 開発リーダー
年収
600
万円
QUESTION

よくあるご質問

なぜ私がヘッドハンティングの対象になったのでしょうか
弊社はクライアント企業からご依頼を受け、人材のスカウトや転籍までの支援を行っている会社です。この度は、依頼主である企業から貴職のような方を採用したいとのご要望をいただき、弊社が代理人としてお声をかけさせていただきました。お声がけの背景だけでもお伝えできればと思います。お気軽にご連絡ください。
費用はかかるのでしょうか
一切費用はいただきませんのでご安心ください。
ヘッドハンターとの面談はどこで行うのですか
貴職のご都合のよい場所までお伺いいたします。通常面談が行われる場所としては、ホテルのラウンジ、駅近辺やご自宅近くの喫茶店やレストランになります。また、ご希望により弊社オフィスの面談ルームにお越しいただくことも可能です。
企業の人事の方とは面接を行うのでしょうか
まずは面接ではなくお互いを知るための情報交換の場を設定しており、その後移籍に関する条件の交渉をする流れになります。また、人事の方とお会いいただくこともありますが、貴職との面会を切望されている社長様、配属予定の部門責任者様に直接お会いいただく機会もご用意しております。
オファーは必ず受けなければいけませんか
貴職の判断で辞退されて全く問題ありません。お声がけした方の多くは現職に満足されていて、移籍をお考えではありません。お話を進める中で、移籍が今後のキャリアにおいてプラスになるとご納得いただくのが理想だと私たちも考えております。今後のキャリアや人生の選択肢のひとつとしてお考えいただければ幸いです。
オファーから入社までの期間の融通は利きますか
もちろんです。候補者様の多くは現職で活躍されている方々です。中には1年以上先のプロジェクトを抱えている方もいらっしゃいますが、終了するまでお待ちになる企業も多くあります。案件による違いはありますが、貴職が最適な時期にご入社できるよう私たちが調整いたしますので、お気軽にご相談ください。