プロフェッショナルバンクのヘッドハンティングなら
転職市場に存在しない希少人材へ積極的にアプローチする
攻めの採用実現します
EFFECTIVE CASE

こんなお悩みにヘッドハンティングは有効です

紹介会社に依頼しているが
条件に合う人材がなかなか現れない
ピンポイントで
即戦力の人材を採用したい
ニッチな職種・需要過多で
一般的な転職市場での採用が困難
新規事業向けだから
社名を伏せて採用活動がしたい
ABOUT HEADHUNTING

2分でわかる
プロフェッショナルバンクの特長

DIFFERENCE

ヘッドハンティングと登録型人材紹介の違い

攻めの採用手法
ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは、企業が必要とする人材をヘッドハンティング会社がサーチして見つけ出し、ターゲットの転職意思に関係なく、直接アプローチする攻めの採用手法です。

  • 転職市場に存在しない人材をサーチ
  • 企業ニーズに合う希少人材を獲得できる
  • 転職意思が無い人材もターゲット
待ちの採用手法
登録型人材紹介

一般的な人材紹介の多くは登録型です。転職希望者がサービスに登録し、企業の希望とマッチする人材がいれば、人材紹介会社を経由して候補者の紹介を受ける待ちの手法です。

  • データベースから人材の紹介を受ける
  • 企業と求職者の事前マッチングが必要
  • 急な欠員補充でも採用しやすい
TARGET

転職市場で出会えるのはビジネス人口の5%。
私たちは残りの約95%もターゲットにします。

人材紹介など一般的な転職サービスに登録する求職者は、ビジネス人口の約5%とされています。しかし、その中から企業が理想とする人材を確保するのは非常に困難です。ヘッドハンティングは、転職市場にいない95%の層もターゲットとし、優秀な人材を見つけ出し、企業への移籍を後押しします。

METHOD

ターゲットのポジションや業界で
有効な手法が異なります

WESTERN
欧米型

CEOやCTOなどトップエグゼクティブ層をターゲットにする手法が、欧米型(エグゼクティブサーチ)です。ターゲットを年収2000万円程度以上のポジションに限定している会社が多く、外資系企業がエグゼクティブ層を採用する際に、よく利用します。

FULL SEARCH
フルサーチ型

企業が求める人材に沿って、多様な手法を駆使してターゲットをサーチ・ハンティングします。主に対象となるターゲットは、希少スキルを持つ技術職・専門職やミドルマネジメント層となり、トップエグゼクティブ層を中心とする欧米型とは一線を画します。

プロフェッショナルバンクはフルサーチ型
SPECIALIZATION
業界特化型

特定の業界に絞ったサービスを提供するヘッドハンティング会社も存在します。ヘッドハンター個人の経歴を武器に業界人脈を駆使したサーチを得意とします。業界内情に詳しい点が強みですが、属人的になりがちで限られた情報内での活動になる傾向があります。

プロフェッショナルバンクはフルサーチ型

MANAGEMENT AND EXECUTIVE TALENT
経営者・エグゼクティブ人材のご紹介

次の世代を担う経営人材の獲得のための人材紹介サービスもご用意しております。事業のライフサイクルや企業ステージを意識し、次の成長や発展に貢献する経営人材の獲得を支援します