事業会社求人特集

OPERATING COMPANY

経営ブレーンにおすすめの事業会社

求人企業の掲載を準備中ですので、今しばらくお待ちください。

ABOUT OPERATING COMPANY
事業会社について

事業会社とは「営利を目的として経済活動をする会社」のことであり、一般的には金融業、コンサルティング業、士業を除く会社全般を指します。

事業会社には、製造業、サービス業など、様々な業界が存在します。以下に、事業会社を分類する主要な業界をご紹介します。

製造業

素材や部品を加工・組立して、製品として販売する業界です。
機械、化学、食品など、製品の種類によって異なるサブセクターに分かれています。

サービス業

顧客に対して様々なサービスを提供する業界です。
飲食店、宿泊施設、旅行代理店や警備会社などサブセクターは多岐にわたります。

流通、小売業

製造業が製造した商品を仕入れ、最終的に消費者に提供する業界です。
商社、卸売、販売店などに加え、運輸業もこのカテゴリーに含まれることがあります。

建設業

建設工事を請け負う業界です。
建築工事、土木工事、電気工事、管工事などの種類があります。

情報通信業

情報の伝達、処理、提供などを行なう業界です。
通信、放送、ITに関連する会社がこの業界に分類されます。

※上記の業界は主要なものを記載しており、医療や教育など他にも多くの業界が存在します。また、企業がどの業界に分類されるかは分類する人や機関によって異なることに留意ください。

CAREER
事業会社を30代で経験したその後のキャリア

事業会社で経験を積んだ後に経営層を目指す場合、大きく以下3つの選択肢が考えられます。

01現職での昇進

現在の職場で成果を出し、経営層に昇進することを目指すパターンです。特に、現職がプロパーを優遇する企業風土の場合は、有効な選択肢と言えるでしょう。

02別の事業会社への転職

別の事業会社に移り、そこで経営層への昇進を目指すパターンです。一般的には、現職よりも事業や従業員の規模が小さく競争が激しくない企業であれば、現在のポジションよりも高いレイヤーに転職できる可能性が高まります。転職先の規模と現在のポジションによっては、直接経営層として迎えられることも考えられます。

03コンサルティングファームへの転職

コンサルティングファームに転職し、そこで経営層に相当するパートナーを目指すか、コンサル経験を活かして再び事業会社に転職し経営層を目指すパターンです。ただし、未経験でコンサルティングファームに転職を考える場合は少しでも若いうちに決断することが望ましいです。