リフレクションとは?企業が人材育成に取り入れるメリットと実践方法

リフレクションとは?企業が人材育成に取り入れるメリットと実践方法

従業員1人ひとりの能力や組織力を上げたいと考えている経営者や人事担当者であれば、「リフレクション」の実施を検討してみましょう。リフレクションは口で言うと自分が行ったことの「振り返り」ですが、従業員を育成し、企業の成長を促す効果が期待できます。

本記事では、リフレクションの概念と実践するメリット、具体的な実践方法について解説します。

リフレクションとは?

リフレクション
まずは、ビジネス用語としての「リフレクション」の意味を確認しましょう。リフレクションと混同されがちな「反省」との違いについてもみていきます。

リフレクションの意味

リフレクションとは、直訳すると「反射」「反映」「反響」などの意味があります。ビジネス、とくに人材・教育分野においては、自分の仕事の進め方・考え方・言動を客観的に振り返ることを指します。失敗と成功を見つめ直し、自分はどうあるべきかを考えます。日本語では、「内省」と訳されています。

リフレクションの理論を最初に提唱したのは、マサチューセッツ工科大学の哲学者ドナルド・ショーンです。ドナルド・ショーンは、リフレクションに関して、過去の言動の良い点・悪い点の振り返りを行う「行為にもとづく省察」と、現在進行している言動に対してその場で振り返りを行う「行為のなかの省察」の2種類に分類しています。

自分を振り返る際は、どうしても弱点や失敗など悪い点にばかり意識がいってしまいがちです。しかし、リフレクションでは、自分を見つめ直すことが目的であり、先入観や主観を持って振り返ったり、自分を責めたりすることはありません。

内省と反省の違い

リフレクションの意味から、「反省」と似ていると感じる人もいるでしょう。しかしながら、内省と反省は異なる単語です。

反省は、自分の言動に対して、良くなかった点を主観的に探し、なぜ過ちを犯したのか原因を究明、同じ過ちを繰り返さないため考え方や言動を改めることを指します。一方で、リフレクション(内省)とは、自分や自分の行いに客観的に向き合うことであり、主観を入れないことが大きな特徴といえます。感情的にならず、自分を見つめ直します。

反省では自分の悪い点や過ちに焦点を当てますが、内省では自分の良い点にも注目します。内省は自分のなかでの気づきを目的としており、反省は周囲に自分の過ちや改善点を伝えるための考え方といえます。

企業がリフレクションを実践するメリット

リフレクション
リフレクション自体は、個々の従業員が行うものです。しかし、リフレクションは、企業側にもメリットがあります。

・業務の効率化と生産性アップにつながる
・企業全体を活性化する
・リーダーのマネジメント能力が向上する

企業がリフレクションを実践するメリットは主に上記3つ。ここからは、従業員がリフレクションを実践することで、組織にどのような好影響を生むのか見てみましょう。

業務の効率化と生産性アップにつながる

まず挙げられるのが、従業員1人ひとりの業務の改善です。客観的に自分を振り返ることによって、自分の長所を伸ばし、短所を克服できるようになります。多くの従業員がリフレクションを習慣づければ、気づきが増え、改善・成長するスピードも早くなります。ミスやトラブルが発生しても、それを活かせるようになるのです。結果的に、組織全体の業務効率と生産性が向上することにつながります。

企業全体を活性化する

リフレクションは、感情的にならず、自分の行動を客観的に振り返るため、常に自立性が求められます。一般的に企業では、他者からの評価が多く、受動的になりがちです。一方、リフレクションは自分自身でしか行えないものであり、自発的に振り返らなければなりません。従業員が自立すれば、それだけ能動的に動いたり、協調性が増したりと、企業全体の活性化にもつながるといえるでしょう。

リーダーのマネジメント能力が向上する

リフレクションは、自身で自分を振り返り、改善する方法です。リフレクションを繰り返すことで、客観的かつ冷静に、状況把握できる能力が身につきやすくなります。客観的に物事を見る力は、リーダーや管理職には欠かせません。リフレクション教育を強化すれば、リーダーのマネジメント能力を上げ、組織力や生産性アップに効果が期待できます。

個人でリフレクションを行う方法

リフレクション
それでは、具体的に従業員にどのようにリフレクションを行ってもらうのか、具体的な方法と代表的なフレームワークを紹介します。

基本の3ステップ

①実際に起きた出来事について振り返る

まずは、実際に起きた出来事をできるだけ具体的に振り返りましょう。ここでのポイントは、出来事に対して感じたことや良し悪しの判断はせず、単純に事実を思い出すことです。主観を入れず、何が起こったのかを思い出しましょう。たとえば、「業務フローの改善策を提案した」「報連相が上手くいかず取引先からクレームがきた」などです。

②他者や環境について振り返る

続いて、出来事が起こったときの他者の反応や周囲の環境などその場の状況を振り返ります。このとき、なぜそのような状況になったのか、原因も同時に考えましょう。たとえば、「自分の提案に対する取引先の反応が悪かった原因は?」「チームの連携が上手くいかなかった原因は?」「取引先に賛同はもらえたのに契約につながらなかった原因は?」などです。

③自分自身について振り返る

最後に自分自身の行動を振り返ります。このときは、自分の言動ではなく、なぜそのような言動に至ったのか意識や考え方にフォーカスします。その後、より良い選択肢がなかったのか気づきを探しましょう。たとえば「自分の意見を受け入れてもらうためのアクションがほかになかったのか」「もっとスムーズに作業を完了する方法はなかったのか」などです。

KDA法

KDAとは、Keep・Discard・Addの頭文字です。リフレクションのなかでも、自分の言動を振り返って「今後も継続すること」「やめること」「新たに始めること」を決める手法です。とくに大切なのは、問題が起こった理由を探し出し、今後はそれをやめる決意をすること。人は新しいことを次々始めてしまうと容量オーバーになってしまいます。まずは、問題の原因を知って、その問題につながった考え方や言動を止めることから始めましょう。

YWT法

YWTは、「(Y)やったこと」「(W)分かったこと」「(T)次にやること」を振り返る手法です。とてもシンプルな方法で、毎日の業務に関して、想定していた結果や予定していた計画と、実態との差を把握することに役立ちます。

「やったこと」は、具体的に意図したこと・挑戦したこと・改善したこと・工夫したこと・成功/失敗などです。そして、ここでも重要なのが「分かったこと」。人はそれぞれ価値観や感性があり、無意識のなかに思考のクセも存在します。「やったこと」から、率直に自分の感じたことを自覚することで、自己理解や内省を深めることができます。

組織でリフレクションを実践する方法

リフレクション
一般的にリフレクションは個人で行うものですが、工夫をすれば組織的にリフレクションを行うこともできます。ここでは、組織でリフレクションを実践する方法を2つみてみましょう。

リフレクション・ミーティング

リフレクション・ミーティングとは、従業員が個々に行ったリフレクションの結果を、部署やチーム内で共有する方法です。リフレクションは、客観的に自分自身を振り返るものですが、どうしても人はそれぞれが持つ価値観や固定概念の影響を受けてしまいます。そこで役立つのが、他者とのリフレクション共有です。ほかの人のリフレクションにおける考え方や気づきを知ることで、自分では見つからなかった新たな気づきや価値観に出会える可能性があります。

また、組織的に行った取り組みや計画に対して、チームメンバー全員でリフレクションを行う方法もあります。メンバー同士の結束力や相互理解が高まることが期待できます。次にやることや問題の解決策を共有できるため、チームの方向性を一致させることにもつながるでしょう。

KPT法

KPTとは、Keep・Problem・Tryの頭文字です。KPT法では、「今後も継続すること」「問題点」「今後改善する(挑戦する)こと」に取り組む手法です。何かミスやトラブルが発生した際に、原因や問題点が分っても、なかなか改善までたどり着かないこともあります。問題点を見つけたら、解決に向けた対策を具体的な行動規範に落とし込みましょう。

ほかの手法よりも、「今後どうすべきなのか」という問題点に対する解決策の提示に重きを置いています。そのため、チームでのリフレクションで良く使用されており、組織としての改善スピードを高めるのに有効な手段といえるでしょう。

間違ったリフレクションによる弊害に要注意!

リフレクション
個人にとっても組織にとっても、リフレクションは成長を促進する効果が期待できます。メリットが大きいことは事実ですが、基本のステップやフレームワークを行えば実践できた、といえるものではありません。間違ったリフレクションは、個人にも組織にも悪影響を及ぼすため注意が必要です。

たとえば、何かトラブルになったときに、犯人捜しをすれば、感情的・主観的になりやすく、次回につながるより良い気づきが見つからない可能性があります。リフレクションでは、誰がトラブルやミスをしたのか、物事の良し悪しよりも、何をどう改善するとより良い結果を得られるのかを考えることが重要です。チームで行うリフレクションでは、他人を批判したり責任を追及したりすることで、人間関係が悪化してしまうケースや、学びにつながらないケースも起こり得ます。

発生した事象から、考え方や行動をどう変えれば良いのか、建設的な振り返りを心がけましょう。

リフレクションを取り入れて個人・組織の成長を目指す!

リフレクション
リフレクションは、客観的に自分の言動の良い点・悪い点両方について振り返り、今後続けていくことや改善すべきことなど気づきを得るためには大変効果的な方法です。リフレクションを繰り返すことで、個人も組織も成長スピードを高める効果が期待できます。

ただし、間違った方法でリフレクションをしても、トラブルに発展したり効果が出なかったりする可能性もあります。まずは人事担当者や管理職が正しくリフレクションを理解し、それからチームでのリフレクションを行ったり、従業員個人のリフレクションを促したりするようにしましょう。

ヘッドハンティングをご検討中の企業様へ

ヘッドハンティングを
ご検討中の企業様へ

応募を待つだけではない、欲しい人材に
こちらから積極的に
アプローチする
“攻めの採用手法”をお試しください

ヘッドハンティングのご質問・
ご相談はこちらまで

0120-264-552
受付時間 月~金 9:00~17:30

人事ねたに関連する記事