リファラル採用のメリット・デメリットとは

リファラル採用のメリット・デメリットとは

アメリカではすでに一般的な採用方法で、日本でも2015年頃から注目が高まってきているリファラル採用。具体的にはどのような採用方法で、いわゆるコネ採用とはどう違うのでしょうか?

今回は、リファラル採用の概要と、そのメリット・デメリットを踏まえた上で、企業がリファラル採用を導入する際のポイントについて解説します。

リファラル採用は社員の人脈を使った採用方法

リファラル(referral)には推薦や紹介といった意味があり、リファラル採用とはその名のとおり、在籍する社員やアルバイト、OB・OGなどの紹介により、自社の社風に合っている人や、業務内容に適した人を選考、採用する方法です。アメリカではGoogleやFacebookなどのIT企業をはじめ、すでに約85%以上の企業で導入されており、日本ではまだ馴染みの薄い採用方法ですが、ビズリーチやメルカリ、エウレカといったベンチャー企業では既にこのリファラル採用を導入し業績をアップさせています。

日本でも古くから「コネ採用」や「縁故採用」と呼ばれる幹部社員や取引先の紹介による採用はありますが、これらの場合は主に血縁者が中心であり、話が出た時点で採用が決まっていることがほとんどです。一方、リファラル採用は社員であれば誰でも自由に紹介をすることが可能で、紹介をしたからといって採用が即決まるわけではありません。通常の採用過程と同様に、面接や採用試験は公平に行われますので、紹介者の推薦が書類選考や一次面接に相当すると考えてよいでしょう。

リファラル採用のメリット・デメリット

リファラル採用では募集広告などを出す必要がないため、通常の採用方法よりコストが抑えられるというメリットは容易に想像がつくと思います。では、その他のメリットやデメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

【リファラル採用のメリット】
1.マッチング率の向上→定着率の向上
リファラル採用の場合、社内環境をよく知る人間がその場所に合いそうな人材を紹介するため、通常の採用に比べ職場とのマッチング率は非常に高いといえます。入社後に何か問題が起こっても、紹介者に相談することもできるため、結果的に職場での定着率も向上します。

2.専門性の高い人材の確保
専門性の高い職種の場合、一般的な求人方法では適当な人材が集まりにくいことも少なくありませんが、リファラル採用の場合は同窓生など似たような分野で活躍している人材を集めやすく、さらには本来転職を考えていない層の人にもアプローチをすることも可能です。

3.採用コストの削減と社員への報奨金
リファラル採用の場合は求人媒体やエージェントへの依頼をする必要がありませんので、基本的に採用活動における費用がかかりません。紹介者にボーナスといった形の報奨金制度を取り入れている企業もありますが、その場合も違法性のない範囲での金額ですと30万円〜100万円程度となりますので、通常の採用活動にかかる高額な費用を考えると、かなりのコスト削減になるでしょう。

【リファラル採用のデメリット】
1.不採用やトラブル時における人間関係の悪化
リファラル採用のデメリットとして最も起こりうる可能性が高いのは、紹介をした知人や友人が結果的に不採用になってしまった場合の双方の関係悪化です。紹介をした側は大変気まずい思いをしますし、紹介された側も、知人・友人の紹介にも関わらず不採用となれば当然ショックも大きいはずです。リファラル採用では、双方があらかじめ不採用の可能性もあるということを十分に理解しておく必要があるでしょう。

2.似た人材が集まりやすい
「類は友を呼ぶ」といった言葉もあるように、リファラル採用の場合はプライベートを中心とした知人や友人が紹介されることが多いため、結果的に似たような人材が集まりやすく、場合によっては会社にとって不利益な派閥が形成されてしまう可能性もあります。ただ、一方で業種によっては似たような思考・嗜好の人物が集まることをメリット捉えることもできるでしょう。

3.紹介者が退職した場合のモチベーション低下
リファラル採用は、紹介する側と紹介される側の双方に信頼関係があるからこそ成り立つものです。そのため、もし何らかの理由により紹介者が退職することになってしまった場合、紹介された側の社員のモチベーションが低下する可能性があり、最悪の場合は芋づる式にどちらも退職してしまうことも考えられます。

リファラル採用を導入する際のポイントは

単純に「誰かいい人を紹介して」と社員に声をかけるだけでは、リファラル採用が成功する可能性は低いでしょう。ここからは、リファラル採用を導入する際に注意しておきたいポイントをご紹介します。

1.紹介したくなる環境を整える
紹介する側にとっては、会社からのバックアップや紹介するメリットがなければ、自分の大切な交友関係に亀裂が入るかもしれないリスクを背負ってまで動こうとはしないでしょう。そのため、会社や業務、待遇についてのわかりやすい資料を用意したり、魅力的な紹介方法のレクチャー、紹介した人が採用された際の報酬制度など、リファラル採用の導入にはまず、社員が紹介したくなるような環境を整えておくことが重要です。

2.紹介する側の社員を選抜する
会社を紹介する側の社員が会社に対して不満を持っていれば、当然その会社を知人や友人に紹介することはありません。社員が誇りを持って働くことのできる職場環境を作ることはもちろんですが、特にリファラル採用を導入する初期段階においては愛社精神が強い社員や、業務に熱心に取り組んでいる社員を中心に紹介する側の社員を選抜すると成功率を高めることができるでしょう。

3.従来の採用方法と組み合わせる
リファラル採用での採用率は一般的な採用方法に比べると圧倒的に高い傾向にありますが、一方で、社員の積極性や人脈に頼るものですので、大量の人材を確保したい時や短期間で人材を確保したい時などにはあまり向いていません。そのため、採用システムが構築されるまでの間は、従来の採用方法と並行してリファラル採用を行う方法がよいでしょう。

リファラル採用は、コストが抑えられるだけでなく、長く活躍できる社員を効率よく採用できる非常に有用な採用方法です。社員が紹介したくなる環境を整えることで、リファラル採用だけでなく、従来の採用においても、求職者の目に魅力的に映る会社になるはずです。

ヘッドハンティングをご検討中の企業様へ

ヘッドハンティングを
ご検討中の企業様へ

応募を待つだけではない、欲しい人材に
こちらから積極的に
アプローチする
“攻めの採用手法”をお試しください

ヘッドハンティングのご質問・
ご相談はこちらまで

0120-264-552
受付時間 月~金 9:00~17:30

「スペシャルインタビュー」の関連記事

各分野でご活躍されている方、経営者、人事責任者、採用、人材、働き方、雇用などHR系に見識のある方へお話を伺うコーナーです。

年々増加している「ミドル人材」の採用!ミドル人材の持つ専門性や経験をマネジメントに活かしイノベーションの促進を

年々増加している「ミドル人材」の採用!ミドル人材の持つ専門性や経験をマネジメントに活かしイノベーションの促進を

2019.07.23

少子高齢化による労働力人口の減少で、新卒や若手の人材採用が思うように進まない企業も多いのではないでしょうか。また、マネジメント層が不足していたり、人材不足ゆえに新規事業が思うように進まなかったりと、課題を抱える企業も少なくありません。このよ…