ヘッドハンティングのメリットが大きい人材採用とは?

ヘッドハンティングのメリットが大きい人材採用とは?

ヘッドハンティングを依頼する企業は、ヘッドハンティングによる人材採用にどのようなメリットを求めて依頼してくるのでしょうか。その一般的なケースについてご紹介します。

ケース1 経営課題や売上の伸び悩みを解決したいとき

例えば、業歴の浅い会社や設立したばかりの新部門では、当該事業に関する十分な経験やノウハウを持つマネジメントクラスの人材が社内にいないというケースが考えられます。こういう場合、適切な人材を社外から採用しなくてはなりません。
また、「従来の経営戦略ではどうしてもライバル企業に勝てない」「従来の営業手法では、これ以上売上を伸ばすことができない」といった深刻な経営課題に直面したとき、それを解決できる人材が社内に見当たらない場合も同様です。

しかし、このような場合に必要とされる人材には、当該の業界や部門に精通した、企業の核となれる能力が求められます。そうした人材が現在求職中である確率は、決して高くありません。こういったとき、例えばライバル企業や業界トップ企業の当該部門で活躍している人材を獲得することができれば、問題解決の最短ルートとなるでしょう。したがって、このような場合にはヘッドハンティングが最も有効な採用手法であると考えられます。

ケース2 通常採用で思うような人材が応募してくれないとき

「いくら求人を出しても、思うような人材からの応募がない」というのは、業界内であまり名前が知られていない企業や中小企業に多い悩みです。ほかの企業情報に埋もれ、求職者が有名企業に流れてしまうというケースがよくあります。

こういう場合、求人情報をよほど印象深いものにするか、あるいは破格の高条件を提示するといった対策が必要ですが、それでも理想的な人材が応募してきてくれるとは限りません。

しかし、ヘッドハンティングであれば話は別です。ヘッドハンティングの対象となるのは、そもそも転職活動をしていない「非求職者」が中心です。限られた数の(しかも、自社の条件に合う優秀な人材であればなおさら少数の)求職者を奪い合うのではなく、現在他の企業で働いている人材に対してアプローチするのですから、他社との競合を避けて理想的な人材を探すことができます。

さらに、「自社のニーズにマッチする有望な人材に限って最終オファーの段階で断ってくる」という悩みを持つ経営者も多いのではないでしょうか。
優秀な人材は、転職活動に際して複数の会社にアプローチをしている可能性が高いと思われます。こちらがオファーを出しても、最終的には業界内でもっと知名度の高い会社や大企業に就職してしまうということも少なくありません。また、待遇面ではどうしても大企業のほうが高条件を提示しやすいといった事情もあるでしょう。

ヘッドハンティングを利用する場合、ヘッドハンターはアプローチの段階で対象者の転職ニーズを深く掘り下げていきます。
部門長やプロジェクトリーダーといったハイクラスの人材にアプローチする場合、当然対象者はそれなりのキャリアを積み、やりたい仕事や今後のキャリアパスについても具体的なイメージを抱いているはずです。
ビジネスマンにとっては、もちろん報酬や待遇も大切ですが、優秀な人材であるほど「いずれは経営者になりたいので、幹部候補として迎えてくれる会社に移りたい」とか「1つの部門を思うように采配できる裁量を持ちたい」といった欲求が強い傾向が見られます。
ヘッドハンティングの場合、ヘッドハンターが対象者と個別に対話を重ねていきますから、企業側がこうした欲求に応える姿勢を見せれば、対象者が現在働いている企業より規模や知名度で劣る企業であっても、対象者の心を動かすチャンスは十分にあるはずです。

pixta_22013932_XL

ケース3 採用活動をオープンにしたくないとき

ある企業が異業種参入や事業領域の拡大を検討するとき、従来の事業とは無関係な分野で求人を始めると、すぐに競合他社に察知されてしまうという問題があります。

例えば、ある機械メーカーが従来アウトソーシングしていた部品の設計技術者を募集したとします。競合他社はただちに「ははぁ、あの部品を内製化するつもりか」と見抜き、それが市場競争力にどのような影響を与えるかを調査するなど、対応策を講じてくるはずです。
このように、企業にとって求人情報の公開は、ライバルに知られたくない内部情報をさらけ出してしまうリスクがあります。

また、ある企業が特定の部門で経験と実績ある幹部を募集する場合、競合他社は「うちの会社の幹部を引き抜きに来るかもしれない」と警戒し、防衛策を巡らせるかもしれません。これでは希望するような人材を獲得することは困難でしょう。
その点、ヘッドハンターは極めて慎重かつ秘密裏に直接候補者と交渉を進めます。水面下で、じっくりとお互いを見極めながら交渉を進められるでしょう。

ヘッドハンティングは「どうしても必要な人材」を獲得するための切り札

一般的な転職市場では、「人材がほしい企業」と「転職したい人」とのマッチングで転職が成立します。いわば「企業と人材のお見合い」のようなものです。
これに対して、ヘッドハンティングは企業が思う「理想の人」を、ヘッドハンターが見つけてアプローチするという積極的な姿勢で採用活動が行われます。アプローチによって非求職者の心を動かすことができれば、通常採用では出会えないようなすばらしい人材を獲得できるのです。
企業にとってヘッドハンティングとは、「どうしても必要な人材」を獲得するための切り札といえるでしょう。

ヘッドハンティングをご検討中の企業様へ

ヘッドハンティングを
ご検討中の企業様へ

応募を待つだけではない、欲しい人材に
こちらから積極的に
アプローチする
“攻めの採用手法”をお試しください

ヘッドハンティングのご質問・
ご相談はこちらまで

0120-264-552
受付時間 月~金 9:00~17:30

「スペシャルインタビュー」の関連記事

各分野でご活躍されている方、経営者、人事責任者、採用、人材、働き方、雇用などHR系に見識のある方へお話を伺うコーナーです。