人材紹介会社とヘッドハンティング会社の違いは何ですか?

最も大きな違いは「対象となる人材」と「企業へ人材を紹介するスタンス」となります。
まず「対象となる人材」についてですが、人材紹介会社の場合は、“求職者”を募り登録してデータベース化していき、その人材のスキルや経験、希望条件等と企業が求める人材要件をマッチングすることで双方の支援をしていくのがスタンダードとなっています。マッチングの対象となる人材は、それらの求職者がメインとなりますので、労働人口の約5%程度の限られた対象になります。

一方でヘッドハンティング会社は、企業の要件に合致する人材を“求職者以外の非転職活動者”からも探し出してスカウトしていきます。当社の場合はリサーチャーという専門部隊があらゆる手法を用いて候補となる人材を探し出してコンタクトし、ヘッドハンターを介して企業へ紹介していきます。その為、求職者以外のかなり広い対象から理想とする人材を採用することが可能となります。

次に「企業へ人材を紹介するスタンス」についてですが、人材紹介会社は、企業と求職者間の中立的な立場でマッチングを行っているため、ひとりの求職者に対して複数の企業を提案し、いずれかの企業で採用されることを目指します。依頼企業からすると「いくつかの企業の1社」となり採用成功率は高くはなりません。一方、ヘッドハンティング会社は、依頼主である企業の採用成功へ強いコミットをしています。その為、コンタクトした人材の依頼企業への移籍成功に専念して活動を行います。このような人材を紹介するスタンスの違いもあり、ヘッドハンティングサービスは人材紹介サービスの数倍高い採用成功率へつながっています。
OTHER QUESTIONS

その他の質問

MANAGEMENT AND EXECUTIVE TALENT
経営者・エグゼクティブ人材のご紹介

次の世代を担う経営人材の獲得のための人材紹介サービスもご用意しております。事業のライフサイクルや企業ステージを意識し、次の成長や発展に貢献する経営人材の獲得を支援します