パワハラの判断基準は受け手にあり!トラブルを回避するには?

パワハラの判断基準は受け手にあり!トラブルを回避するには?

現在では「パワハラ」という言葉を頻繁に耳にするようになってきました。社会問題になっているともいえるパワハラですが、その定義について知っている方はそれほど多くないでしょう。

パワハラになる基準や定義について知らないでいると、思わぬトラブルの原因となるかもしれません。
そこで、今回はパワハラの判断基準や防止する方法について解説いたします。

パワハラと判断される基準(定義)

パワハラはいろいろな場面で起こり得るものですが、もっとも多く見受けられるのは職場でしょう。
職場でのパワハラの定義は、「同じ職場で働く者に対して、地位や人間関係など職場での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与えたり職場環境を悪化させたりする行為」です。
パワハラと判断されるポイントを3つに分けて解説しましょう。

・職場内での地位の差や人間関係の優位性
職場の上司や先輩にあたる人がその地位を利用して不当に圧力をかけているのであればパワハラと判断されやすくなります。

・業務の適正な範囲を超えている
言われている内容が業務内容に沿ったものである場合にはパワハラとされない場合も多々あります。ただし人格否定や土下座の強要など業務の範囲を超えている場合にはパワハラとなるでしょう。

・受け手が精神的・身体的苦痛や職場環境の悪化を感じる
「目障りだ」「早く仕事を辞めろ」などの発言が繰り返される場合はもちろん、無視や不適切な評価などがあった場合でも、受け手が精神的苦痛や職場環境の悪化を感じた場合にはパワハラとみなされる可能性が高くなります。

パワハラをされた社員・した社員への対応


もし社内にパワハラの問題があることがはっきりした場合には、パワハラをされた社員とパワハラをした社員両方への対応が必要となります。

・パワハラをした社員に対しては定期的に面談する
まずパワハラをした社員への対応ですが、定期的な面談は欠かせません。どんな行為が問題になるのか、どんな点を注意してほしいと思っているのかを明確に伝える必要があります。

そのときに確かにパワハラに関して注意をしたという記録を残しておくことは重要です。というのは、もしパワハラをした社員に改善が見られない場合には配置転換を行う必要が生じるかもしれないからです。不当な強制があったと訴えられた場合でも、確かに会社は不当な配置転換をしているわけではないことを証明できます。

面接などを行っても変わらずパワハラを続けるのであれば、懲戒処分を検討できるかもしれません。通常いきなり社員を懲戒解雇など厳しく処分することはできないので、どんな処分が適切なのかよく考慮するようにしましょう。

・パワハラを受けた社員に対しては速やかにケアを行う
パワハラを受けた社員にはすぐにケアを行うことが大切です。社員が休職・退職してしまうかもしれませんし、最悪の場合会社に損害賠償を求めてくる恐れもあります。

もちろんすべてのパワハラのケースで会社が損害賠償責任を負うわけではありませんが、パワハラへの対応いかんによっては責任を問われかねません。早期の面談、事実関係の調査、解決策の提示、再発防止策の実施といったステップを踏んで、すべての社員が安心して仕事ができる環境を整えましょう。

パワハラを防止する3つの方法

パワハラを防止するために有効な方法を3つ紹介します。
・1. 会社としてパワハラ対策に力を入れている旨を社員へ伝達する
最も重要なポイントの1つが、トップメッセージです。会社が組織としてパワハラ対策に力を入れているということをはっきり示すことで社員の意識改革へと繋げていきます。組織としてルール作りに取り組めば、社員一人ひとりがどんな点に気を付けるべきかを伝えることもできるでしょう。

・2. パワハラに関する社内ルールを作る
続いて、幅広い意見を聞きながらパワハラへの罰則などを明文化しましょう。社内ルールとして明記しておくことで、パワハラをすれば不利益になることが伝わり、理解して抑止力にできます。

その一方でパワハラとは何なのか、誤解を抑制することも必要です。そうしないと上司からの業務の適切な範囲内の注意や指導が行えなくなってしまいます。

・3. 定期的に社内でアンケート調査を行う
ルールを策定したら、定期的に社内でアンケート調査などを行いましょう。実態を把握できる体制を構築しておくことが重要です。

もちろんパワハラやセクハラの被害者がすぐに相談できる窓口を設置することも大切です。もしパワハラが発生したら、再発防止に努めその情報を蓄積しておくようにしましょう。

関連記事としてこちらも併せてご覧ください

利益を追求するために人事部門が果たすべき2つのリスクマネジメント

パワハラが発生しないための取り組みは非常に重要!

パワハラが社内で発生すると、社員が働きにくくなりモチベーションにも影響を与えます。会社として、社内でパワハラが発生しないための取り組みは非常に重要です。
もしパワハラをする社員がいるなら、素早く対処する必要があります。パワハラはされる側の受け取り方が重要になるので、ケアをしつつ再発防止に努めるようにしましょう。パワハラへの対応によって企業の自浄能力が問われることになるかもしれません。

ヘッドハンティングをご検討中の企業様へ

ヘッドハンティングを
ご検討中の企業様へ

応募を待つだけではない、欲しい人材に
こちらから積極的に
アプローチする
“攻めの採用手法”をお試しください

ヘッドハンティングのご質問・
ご相談はこちらまで

0120-264-552
受付時間 月~金 9:00~17:30

人事ねたに関連する記事