オンライン研修と集合研修はどう使い分ける?効率的な研修ノウハウ

オンライン研修と集合研修はどう使い分ける?効率的な研修ノウハウ

社員教育を行うために、研修は非常に有効な方法の1つです。研修を行えば社員全員に同じ内容を教えられるとともに、各人の理解度もある程度把握できます。一定の教育を施すことができるため、業務内容に差が出ることを防ぐことも可能です。多くの企業は集合研修を採用していますが、オンライン研修を取り入れる企業も徐々に増えてきています。オンライン研修と集合研修それぞれのメリット・デメリットについて考え、どちらを採用すべきかについても考慮しましょう。

オンライン研修には2つの種類がある

オンライン研修とは、いろいろな研修に対してクラウド型配信サービスなどを使って行うものです。オンライン研修には大きく分けて2つの種類があります。1つはすでに録画されたものを見ることによる研修、もう1つは動画をライブ配信してコミュニケーションを双方向で取ることができるものです。ライブ配信のオンライン研修では受講者が講師に質問することもできるため、より内容の濃い研修にすることが可能です。アプリを使うオンライン研修であれば、パソコンのみならずスマートフォンやタブレットでも受講できます。

オンライン研修のメリット・デメリットとは?

オンライン研修には多くのメリットがあります。まずはコストの削減です。オンライン研修ではパソコンやスマートフォン、タブレットを使って動画を視聴するため、受講者は自分のデスクなどから研修を受けることができます。まとまった時間を取ったり、会場を確保したりする必要がなくなるため、大幅なコスト削減が期待できます。

次のメリットは、遠隔地にいる社員でも移動なしで研修が受けられるという点です。これまでの研修では遠方にいる社員であっても、本社のある場所に移動して研修を受ける必要がありました。場合によっては研修のために1泊かそれ以上する必要があったでしょう。しかしオンライン研修を利用すれば、どこにいても同じ内容の研修が受けられます。オンライン研修では研修当日に都合がつかなくても、後日動画を見て研修を受けることもできます。しかも動画を繰り返し見ることでより理解が深まり、何回かに分割して動画を見ることができるなど、自分のペースでの受講が可能であることもメリットです。

一方でオンライン研修にはデメリットもあります。例えば何かの技術の実践練習する場合には不向きな方法です。基本的にオンライン研修は動画を閲覧する形になるため、知識を得るのには有効ですが、技術を取得するのには集合研修の方がよいでしょう。さらに録画された動画を見るタイプのオンライン研修では質問ができず、他者の意見を聞くこともできないためモチベーションの維持が難しくなるというデメリットもあります。

集合研修とは講師が受講者に直接教えるスタイル


集合研修とは名前のとおり社員を集めて行う研修の事です。多くの人が集まる対面型の研修であることに伴うメリット・デメリットがありますが、現在多くの企業で採用されている研修の方法です。講師が受講者を直接教えるスタイルであるため、大勢の受講者に同じ内容を伝えるのに適しています。

集合研修のメリット・デメリット

集合研修にはオンライン研修にないメリットがあります。1つ目は講師から直接フィードバックが受けられるということです。研修の内容に不明な点があったり、疑問があったりしたならすぐにその場で質問できます。こうして研修終了後には学んだ内容をしっかり理解しすぐに実践することが可能になるのです。さらに他の社員との交流によって一体感を高めることができるのもメリットといえます。多くの社員が一緒にいること、対面式であることなどから社員一人ひとりが適度な緊張感を持てるのもオンライン研修にはないメリットです。

一方で集合研修に伴うデメリットもあります。もっとも大きなものは時間的・人的コストがかかるという点です。会場の確保や講師の招待などにはコストがかかります。さらに受講者が通常業務を離れる場合にも弊害が生じる恐れがあります。加えて遠方からの社員は参加しにくいこと、スケジュール調整が難しいことなどがデメリットとして挙げられるでしょう。

オンライン研修と集合研修を上手に使い分ける

こうして見るとオンライン研修と集合研修のメリットはそれぞれのデメリットを補っていることが分かります。つまりオンライン研修と集合研修を使い分けることにより最大限の効果を引き出すことができるのです。例えば知識を付与する研修、社員の意識を統一するための研修はオンライン研修で行い、実践練習や社員同士の交流の深化、社員の疑問を解消するための研修は集合研修で行うといった工夫ができます。質の高い研修を行うなら、社員のモチベーションを高め、職場環境の改善や業績の向上が見込めるでしょう。社員のニーズに合わせて目的別に研修の方法を使い分けると、最小限の費用で最大の結果を得ることが可能なのです。

ヘッドハンティングをご検討中の企業様へ

ヘッドハンティングを
ご検討中の企業様へ

応募を待つだけではない、欲しい人材に
こちらから積極的に
アプローチする
“攻めの採用手法”をお試しください

ヘッドハンティングのご質問・
ご相談はこちらまで

0120-264-552
受付時間 月~金 9:00~17:30

「スペシャルインタビュー」の関連記事

各分野でご活躍されている方、経営者、人事責任者、採用、人材、働き方、雇用などHR系に見識のある方へお話を伺うコーナーです。