ヘッドハンティングされた人材の“99%”が定着する理由

ヘッドハンティングされた人材の“99%”が定着する理由

採用にリスクはつきものとは言いますが、「想像していた仕事内容と違ったので…」、「社長と馬が合わず…」など苦労して採用した中途人材があっさり離職した…、そんな苦い経験をされたことはありませんか?即戦力を期待した中途採用なら、なおさら事業や経営計画に大きく影響しますし、採用にかけたコストの損失も大きくなりますよね。

ヘッドハンティングでの採用もやはりリスクが高そうなイメージがありますが、意外にも定着率は高いことが分かっています。

就業継続確認では99%の定着率

厚労省が毎年調査している雇用動向調査結果によると、「個人的理由」による離職はおおよそ10%程度で推移しています。毎年このデータを見て思うのは、それに比べるとヘッドハンティングで採用した場合の離職リスクは随分低いのだろうなと思うのです。

当社では就業開始から6ヵ月以上経過した全人材の就業状況の調査を定期的に行っており、その結果ヘッドハンティングをされた人材が移籍後に離職する率は“1%以下”と極めて低水準であることが分かっています。企業の中核社員として定着することを期待された人材が、早期離職せずに活躍されているのは我々ヘッドハンターとしても嬉しいことであります。

それでは何故、ヘッドハンティングで採用した人材は定着率が高いのでしょうか?
その理由には、

1.企業と候補者が面談する場は選考ではない
2.転職意欲が元々高くない為に決断時の覚悟が違う

という2つの大きな過程があるからと考えています。それぞれを簡単に解説していきます。

1.企業と候補者が面談する場は選考ではない

ヘッドハンティングは、通常の採用のように求職者の応募を募るわけではなく、企業側から「当社で働く気はないか?」と非転職活動者へも声をかけていくわけなので、企業にアドバンテージがある“選考”は行わない方がうまくいきます。突然声をかけられた候補者が企業との初対面の場で経験や志向を根掘り葉掘り聞かれたら大半は快く思いません。

ヘッドハンティングの依頼をする企業の多くは、新規事業や商品開発、シェア拡大などの経営課題を持っています。我々は企業の依頼を受け、その課題を解決できる人材であれば、転職活動中か否かに関わらず候補を探し出しコンタクトをとって面談へと案内していきます。そして、その候補者の経験やスキルと企業の課題とをすり合わせるいわば“ミーティング”の場として面談を設定させてもらいます。

一般の採用が応募を募り、応募者が年齢やスキルや経験などから企業にふるいにかけられるのとは大きく異なって、実に対等に候補者と求人企業は向き合うことになります。ヘッドハンティングする企業は候補者とのマッチ度を見極めるのと同時に、候補者から現職と比較され最終的に選ばれる側でもあるのです。

企業と候補者は何度も何度も打合せをしたうえで、双方のベクトルが合えば見事採用(移籍)となるわけですが、候補となった人材もこの過程を通じて入社後に自分の何を活かして、何をすべきかが具体的に分かっており、入社後のギャップは極めて小さくなっている状況なのです。また、この面談には経営者が自ら登場することも多く、特に管理職以上の転職のリスクのひとつとなる「経営者との考え方の不一致」も極力防げることになります。

極端な例で言うと、この面談の場は多くて10回ほど繰り返される企業もあります。当然2~3回で意気投合されて成約する場合も多々ありますが、いずれにしてもスタンスが採用でない、“ミーティング”のような面談が採用後の定着率を高めている要因なのです。

2.転職意欲が元々高くない為に決断時の覚悟が違う

これについては言葉通りですが、候補者の転職意向に関係なく声をかけられるのがヘッドハンティングなので、当人は転職に迫られていない場合がほとんどです。その為、案件進行中も焦る必要がなく、冷静に人生の選択肢として「現職でこのまま人生を送ること」と「オファーをくれた他社で人生を送ること」を比較し吟味することができます。

転職しなくても良い状態にある方が、転職の決断をするということは、ご自身にとって余程の納得感がないと、その決断はできないわけです。企業やヘッドハンターは、候補者が納得できるよう、その人材のことについて把握することに努めます。納得が出来るよう、企業のこと、事業のこと、ポジションのこと、将来のこと、そして期待を伝えます。この際、通常の採用と大きく異なるのは、大半が求職者ではありませんから他に応募している競合他社がいないということです。その分、現職と自社との比較だけなので、移籍に向けた懸念や不安が何なのかは非常に明確になってきます。

そうした経緯を経た候補者が移籍することに納得が出来て、転職をすると決めた時には、相当な覚悟を持って臨んでいただける状態になっています。

まとめ

「互いをよく理解し合い」、「候補者は覚悟を持って移籍する」からこそ、早期離脱が回避され定着率は高くなるのです。その点で採用後のリスクが低いというのは、いくつかあるヘッドハンティングの特長のひとつだと考えています。

※候補者の心理をもっと知りたい方はこちら

ヘッドハンティングを受けた方の「心の動き」とは?

ヘッドハンティングをご検討中の企業様へ

ヘッドハンティングを
ご検討中の企業様へ

応募を待つだけではない、欲しい人材に
こちらから積極的に
アプローチする
“攻めの採用手法”をお試しください

ヘッドハンティングのご質問・
ご相談はこちらまで

0120-264-552
受付時間 月~金 9:00~17:30

「スペシャルインタビュー」の関連記事

各分野でご活躍されている方、経営者、人事責任者、採用、人材、働き方、雇用などHR系に見識のある方へお話を伺うコーナーです。