CASE STUDY
採用チャネルを増やしたいケース

営業部隊の強化が重点課題

クライアント様の声

入社前の時点でここまで相互理解が進むのは
通常の採用ではなかなかないことだと感じました

大手人材紹介会社含め数社に依頼をしていたので複数人の候補には会ってきましたが、求める資質を持つ人材とはなかなか出会えずにいました。その点、プロフェッショナルバンクのヘッドハンティングであれば、ヘッドハンターが見極めた候補者に面会できると聞き、新たな採用手法として依頼しました。

実際にお会いした人材はいずれも当社営業部長にふさわしいと思える方ばかりでした。中でも、採用した候補者とは毎週のように面会する機会を設けてもらい、当社の経営や営業体制についての議論を通してお互いに理解を深めることができました。入社前の時点でここまで相互理解が進むのは通常の採用ではなかなかないことだと感じました。

DETAIL

事例の概要

クライアント様企業情報
業種 半導体メーカー
従業員数 100~500名
抱える課題 社長が自らの管轄を経営や新規事業に専念したいために国内外の営業を任せられるNo.2が必要
ご依頼の経緯
クライアントは第2次成長期を迎えるにあたって3つの戦略課題を抱えていました。1つは既存事業の営業力強化。2つ目は海外展開。そしてもう1つが新たな事業(商品)分野への進出です。経営トップがM&Aも視野に入れて3つ目の課題に注力できるよう、ほか2つの課題に欠かせない国内外の営業を委任できる人材が必要でした。
解決すべき採用の課題
採用チャネルを増やしたい

ACTION

実際のアプローチ

グローバル展開をする日系企業の営業部長をヘッドハンティングする

プロフェッショナルバンクの
フルサーチハンティングで採用に成功

POSITION

採用成功者のポジション

BEFORE

営業部長

年収1000万円

AFTER

執行役員営業本部長

年収1000万円

POINT

成功のポイント

  • 経営に近い立場と推測される中小企業の部長職をターゲットとし、社長と共に資質や相性の具現化を入念に行った
  • 営業部長および経営者としての資質に加え社長との相性が重要なため、事前調査やヘッドハンターとの面談時の見極めを重視した
  • 最後の面会時には今後の経営方針について議論する場を設け、ターゲットに当事者意識をもってもらえた

MESSAGE

ヘッドハンターから一言

tatsuroenomoto

営業部長とは言え、求められている資質と役割はNo2としての経営的立場でした。相応しい実績・キャリアがあるのはもちろんですが、クライアントが理想とする人物タイプも提示されていたため、候補者一人一人の特質やトップとの相性を見極めなければなりませんでした。社長との密なコミュニケーションのおかげで求める人物像をかなりリアルにイメージすることができ、候補者に対しても迷いなく推し進める事ができたのが大きな成功要因だったと思います。

MANAGEMENT AND EXECUTIVE TALENT
経営者・エグゼクティブ人材のご紹介

次の世代を担う経営人材の獲得のための人材紹介サービスもご用意しております。事業のライフサイクルや企業ステージを意識し、次の成長や発展に貢献する経営人材の獲得を支援します