CASE STUDY

ブランドイメージを刷新したいアパレル企業チーフデザイナーのヘッドハンティング

DETAIL

事例の概要

大衆向けからハイクラス向けへとリブランディングを検討しているアパレル企業が、変革の中核を担うチーフデザイナーを採用したいと考えていました。既存のブランドイメージが隔たりとなり、採用が難航する中でプロフェッショナルバンクへ依頼いただきました。

企業情報

業種
アパレル
従業員数
1,000名規模
抱える課題
既存ブランドをハイクラス向けにリブランディングしたい

採用成功者のポジション

ハイブランドのデザイナー(480万円)→ブランドの再構築を担うチーフデザイナー(500万円)

成功のポイント

1.ブランドコンセプトにかかわるチーフデザイナーになれるというキャリアアップ 
2.クライアント(資本力)とターゲット(ブランド立ち上げのチャンス)の双方の求めるものが合致
3.ターゲットに経験を活かせるビジョンを伝えることができたこと

VOICE

クライアントの声

大衆向けブランドとして知名度があり、資本力もありましたが、逆に大衆向けの印象が強いためか通常の採用では一向に候補人材の応募がありませんでした。今回、ヘッドハンティングを活用することで数人の候補者をご紹介いただけましたが、その中の本命人材は、現職で忙しいということもあり、移籍合意するまでに半年ほどの時間を要しました。本命人材とは何度かの面談を重ねるうちに、ニーズを拾いにいくのではなくプロダクトアウトで商品を世の中に出していきたいという、弊社のブランドマネージャーの方向性と本人の志向が徐々に交錯していったと思います。ご入社いただいたおかげで、今では予定通りにリブランディングが進んでいます。

MESSAGE

ヘッドハンターから一言

依頼元が候補者の意見に耳をかたむけて下さり、また時間をかけて入社後の活躍のイメージを共有していただいたことが成功につながりました。私からは、現職では、カリスマ社長の影響力が強いために自分が目指すデザインとの間に葛藤があったようなので、依頼元に移籍することでもっと自由に裁量権を持てるはずだという点、また、ハイブランドの経験者が不在の同社で自分の価値を感じながら働ける環境だということをお話させてもらいました。

OTHER CASE

その他の事例

EPISODE-01
自社に無いノウハウを他社から得たい
産業機器メーカー(従業員10,000名以上)
クライアントは海外拠点を含め横断的な統括を担う技術部門を新設するにあたり、部門長となれる人材を必要としていました。歴史の浅い量産事業のため、同事業のノウハウを持ったマネジメントクラスを社外から引き抜くことになりました。
EPISODE-02
事業継承者がいない
税理士事務所(従業員20~70名)
クライアントである税理士事務所に所属する税理士は最年長者でさえまだ30歳と若く、60歳を迎えた所長の後継者として経営全てを任せるには時期尚早と判断されていました。そこで経営感覚を持った実績のある優秀な税理士を他から登用したいとご相談がありました。
EPISODE-03
海外に進出したい
精密機器メーカー(従業員300~700名)
クライアントはニッチな商材を扱っていますが国内TOPシェアを誇っており、今後は自社開発機器を海外マーケットに拡販させたいと考えていました。海外拠点設立から実際の営業活動まで、全てを任せられる人材が必要でした。
EPISODE-04
商品開発力を強化したい
化粧品メーカー(従業員100~500名)
クライアントは自社のトップブランドに並ぶ新たなブランドを立上げ、さらなる事業拡大を図りたいと考えていました。

MANAGEMENT AND EXECUTIVE TALENT
経営者・エグゼクティブ人材のご紹介

次の世代を担う経営人材の獲得のための人材紹介サービスもご用意しております。事業のライフサイクルや企業ステージを意識し、次の成長や発展に貢献する経営人材の獲得を支援します