CASE STUDY
需要過多で競合が多いケース

外注していたオペレーションを内製化したい

クライアント様の声

ヘッドハンターが間に入ってこまめに
状況のやり取りをしてくれたので、
候補者の心境も把握できて安心でした

システムコンサルタントは転職市場での需要が高く、求人広告や人材紹介サービスを利用してもなかなか応募がなく、選考中の辞退者が多い職種でした。戦略上、既にプロジェクトの請負が決定しており、迅速に採用するため社内でプロジェクトを発足し、その一環としてヘッドハンティングサービスを利用しました。

特筆すべきは、オファーを出した候補者からの辞退が一件もなかったことです。面会を重ねながら弊社への理解を深め、入社後のイメージを明確に持ってもらえた状態でオファーを出せるので、辞退による採用計画が崩れることがありませんでした。また、ヘッドハンターが間に入ってこまめに状況のやり取りをしてくれたので、候補者の心境も把握できて安心でした。

DETAIL

事例の概要

クライアント様企業情報
業種 IT関連事業
従業員数 1,000~5,000名
抱える課題 オペレーション内製化のため、転職市場で需要が高い人材を至急採用する必要があった
ご依頼の経緯
システムの開発から販売までを手掛けていたクライアントは、外部のパートナーに任せていた導入に関するコンサルテーションやオペレーションを内製化を目指し、ITコンサルタントを複数求めていました。
解決すべき採用の課題
システムコンサルタントの複数採用

ACTION

実際のアプローチ

IT関連企業のシステムコンサルタントやプロジェクトリーダー、
営業担当のトップタレントを対象としてヘッドハンティングする

プロフェッショナルバンクの
フルサーチハンティングで採用に成功

POSITION

採用成功者のポジション

BEFORE

Sier/システム導入コンサルタント

年収750万円

AFTER

プロジェクトマネージャー

年収850万円

POINT

成功のポイント

  • 転職市場の人材は需要過多のため転職潜在層のみをターゲットとし、一人一人の経歴を想定して個別に対応しつつ大規模なアプローチを実施した
  • プロジェクトメンバー(10名強)間で進捗と情報の共有を徹底した。海外拠点の立ち上げと経営者が持つビジョンにやりがいを感じてもらえた
  • ヘッドハンターの面会頻度を極力増やし、クライアントの存在を見せつつ候補者をグリップした

MESSAGE

ヘッドハンターから一言

村田 誠司

業界内での情報スピードが非常に早いため、社名はぎりぎりまで公開できないという難しさがありました。しかしその業界特性を活かし、クライアントから業界情報や人材情報を詳細に得ることができた事は大きな成功要因となりました。

MANAGEMENT AND EXECUTIVE TALENT
経営者・エグゼクティブ人材のご紹介

次の世代を担う経営人材の獲得のための人材紹介サービスもご用意しております。事業のライフサイクルや企業ステージを意識し、次の成長や発展に貢献する経営人材の獲得を支援します