CASE STUDY
採用チャネルを増やしたいケース

組織構成上、管理職となる 女性総合職を増やしたい

クライアント様の声

明文化できない人物面のスペックも早々にキャッチアップし、求めているスペックに見合うターゲットを紹介いただくことができました。

大手含む人材紹介エージェントを活用し、転職市場からの人材採用活動は一定の成果が出ていたものの、候補者となる母数や範囲が限定的であったため、一巡した後の採用活動に限界を感じていました。その中で、転職市場外へのアプローチが可能な点に期待し、同社で初めてとなるヘッドハンディグの活用をプロフェッショナルバンクへ依頼することとしました。

DETAIL

事例の概要

クライアント様企業情報
業種 不動産
従業員数 1000名以上
抱える課題 業界的に自ら興味を持ってくれる女性が少ない。
ご依頼の経緯
クライアントの求めるスペックに合致する女性管理職人材について、求人サイトや人材紹介サービス等の転職市場を通しての採用は一巡したと思える状況の中、同社の採用目標をクリアするべく転職市場外へのアプローチが可能なプロフェッショナルバンクへご依頼をいただけました。
解決すべき採用の課題
要件がピンポイント(ニッチ)で転職市場では見つからない

ACTION

実際のアプローチ

同社の業務の進め方の特徴と親和性の高い企業を優先ターゲットとしてアプローチしつつ、一方でいくつかの基準項目をクリアしていることを元に、企業名では限定せずに個人のマッチ度ベースで幅広いターゲットに対するアプローチも行った

プロフェッショナルバンクの
フルサーチハンティングで採用に成功

POSITION

採用成功者のポジション

BEFORE

医薬品メーカー/プロダクトマネジェージャー

年収1100万円

AFTER

総合職

年収1400万円

POINT

成功のポイント

  • サーチ活動において、ハード面だけでなく、人物タイプ、志向などのソフト面も合致していることを重視するクライアントであった。そのため、ヘッドハンターとの面談後にソフト面でのミスマッチが理由でクライアント面談への進捗しない確率が高いと想定し、ヘッドハンターとの面談の母数の確保に重きを置いた。
  • 現職と全く異なる業界・業務のターゲットと対峙する際には、移籍先案件との共通点や親和性を見出し、本人に認識いたき、これまでの経験を活かして業務を進めていく具体的なイメージをお持ちいただける事に注力した。

MESSAGE

ヘッドハンターから一言

村田 誠司

同業からではなく、親和性のある他業界をターゲットする難しさもありましたが、クライアント側にて以下のような協力体制をいただけたことが非常に有効であったと思います。特に

・初期の段階において、紹介したターゲットについての細かいフィードバックをいただけたこと
・カジュアル面談として、同社についてのご説明をいただく機会や実際中途でご入社された方とお話いただける場を設定いただき、ターゲットに対して課題点も含め、積極的に情報を開示いただけたこと

これらによりターゲットが入社後の具体的なイメージを持こつとができたり、入社に際しての不安を払拭することができ、新たな領域へチャレンジする覚悟をお持ちいただけたと思います。

MANAGEMENT AND EXECUTIVE TALENT
経営者・エグゼクティブ人材のご紹介

次の世代を担う経営人材の獲得のための人材紹介サービスもご用意しております。事業のライフサイクルや企業ステージを意識し、次の成長や発展に貢献する経営人材の獲得を支援します