What can I do for you?

2016年07月01日
担当
佐藤 準一

私が担当する組織人事コンサルティングファームの方から聞いた話。
大変参考になる内容でしたので、この場で紹介します。

某社からの依頼。米国企業に対するマネジメント研修実施のプロジェクト。
顧客からの要望を受けた彼は米国のマネジメントの方々とのミーティングを
重ねていました。しかし、彼の発言が全く相手に響いていない様子。

このままでは、顧客の期待に応えられないと判断した彼が最終的に選んだこと。
それは「直接顧客に聞く」ことでした。

「オレたちの関係は、うまくいっていないようだ。自分はどうしていいか
わからない。でも、何とかこの状況を変えたい。だから、自分がどう変わる
必要があるのか、ストレートに教えてほしい。あなたは、私に何を求めているか?
率直に、教えてくれ」

そのやりとりをきっかけとして、彼と顧客との関係はドラスティックに
変わったそうです。これまで、見えなかった顧客の姿が、より見えるように
なったとのこと。彼は、これをきっかけに、ピープルマネージメントには
「個別対応」が重要だと再認識したとのことでした。

人は自分の経験を基にして、相手を開発しようとするところにあるそうです。
簡単に言えば、「自分がされたように相手にする」傾向が強い。
厳しく育てられた人は、人にも厳しくする傾向が強くなり、
ほめて伸ばされた実感がある人は、ほめて伸ばす傾向が強くなる。
歴史は繰り返すとのこと。

相手(個別)に対して「私はあなたのために力になれることがありますか?」
という姿勢でいることが大切とのことでした。

その他コンサルタントの独り言はこちら

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

各種ご質問、エントリー(無料)はこちら

  • よくある質問
  • エントリー(無料)

お電話でのお問い合わせ

0120-264-552受付時間:月~金/9:00~17:30
トップへ戻る