転職コンサルタントの独り言

転職が「うまくいく人」と「うまくいなかい人」の違い

転職方法には人それぞれ方法があり、知人の紹介やポータルサイト、我々のような紹介会社を利用するなど様々な方法が挙げられる。その中でどこから応募しても必ず通る道、それは「面接(面談)」です。

今回は面接でのポイントを1つだけ紹介します。
まずは1つ目「自己理解」。
面接で聞かれる事の殆どが自分自身の事を聞かれる事が多い事を知ってましたか?
※もちろん、専門的な職種になってくると+αで専門知識が必要になりますが、ここでは自己理解の話をさせて頂います。
「自己理解って?どういうこと??何をすれば良いかわからない。」など思う方もいると思いますが、自分自身を理解していれば自己PR、退職理由、志望動機、今後のビジョンなど、面接で聞かれるであろう項目は自信を持って発言が出来るはずです。

そこで転職活動を始める際には、まずは「自己理解」から始める事をお勧めします。考える項目としては、自身が今まで何をやって(過去)、今何をしていて(現在)、将来は何を目指しているのか(未来)、を振り返り棚卸する事です。つまりは自身のキャリアを「過去・現在・未来」の枠に当てはめて考える事です。

頭で考えても時間がかかるだけなので、紙とペン、白紙を用意して上記項目を書く!!そうすることで自己理解は以前に比べて、早く明確にすることができます。まずはやってみて下さい!!

※追記※
それでも自己理解が難しい方は、第三者の意見を聞くものお勧めします。私であれば、知人10名くらいに「山田佑馬とは?」という5項目くらい書いた質問用紙を記入してもらった過去があります。自分では見つける事の出来なかった強み・弱みが見えて非常に面白く、自己理解も深まりました。興味があれば、やってみて下さい!!

その他コンサルタントの独り言はこちら

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

各種ご質問、エントリー(無料)はこちら

  • よくある質問
  • エントリー(無料)

お電話でのお問い合わせ

0120-264-552受付時間:月~金/9:00~17:30
トップへ戻る