COLUMN

コラム

ベンチャー企業を紹介してください

転職コンサルタントコラム
青木 正勝

大企業出身でベンチャー企業を紹介して欲しいという方がいます。将来のキャリアプランを聞いても(?)なことが多いです。

将来起業をしたいから、ベンチャー企業の役員になりたいから、実家の家業を継ぐ予定があるから新規ビジネスを数億単位で勉強したい、将来ベンチャー投資をしたいから等々幾つかの理由を持った方も中にはいます。

ベンチャー企業にチャレンジすることは良い事だとは思うのですが、特別な強みが無い方が転職するのであれば若いうちに挑戦をしておくほうが良いと思います。

社会人経験が少ないほど、単に有名な○○という企業出身で社長が凄い人だとか、○○という分野で秀でたエンジニアがひとりいるとか、友達が転職してしがらみが無く面白いと言われたとか、そんな理由でベンチャー企業を選んでいる人もいます。

ベンチャー企業は大手の企業よりもリスクがあります。当たり前ですが。リスクを「チャンスだ」、「面白い」、「スリルがあって自分にはあっている」など前向きなイメージを持てる人には向いているかも知れません。

ベンチャー企業はそもそも従業員数も少ないですから、経営者との距離が近いのは当たり前の話しです。裁量の幅が広いと言われますが、何でもやる覚悟も必要です。

大手ではお金で解決できるインフラ面もベンチャー企業ではそうはいかない。これらに対してイライラしないか。そんなものだと思えるか。これらは御自身の性格の話しにもなってきます。

また昇給・昇進が早いとも言われますが、採用面では自分よりも優秀な人を採れるか?
優秀な若手にその職を譲れるか?等々
成長スピードが速ければ速いほどそういった現実にも直面します。

大手だから得られる経験もあります。大手だから得られる福利厚生もあります。看板があるからこそ出来る仕事の大きさもあります従業員が多いからこそ得られる働き方もあります。

ある一定の環境水準で働いていたからこそ出せたアウトプット。ベンチャー企業に行ってそれは難しかったという話しも良く聞く現実です。

どんな夢や成長を求めてベンチャー企業に転職をするのか。多少の無理が聞く身体、精神を持ち合わせているか。

転職活動の中で、ベンチャー企業に入社した際のゴール設定と御自身の価値観、このあたりを一番仲の良い友人と話し合ってみては如何でしょか?

そんな事を話したことが無い仲間に恥ずかしがらずに自分をさらけ出せるかも、未整備な環境下では必要な能力の1つになるかも知れませんから。

プロフェッショナルバンクの転職支援をご存知ですか?

プロフェッショナルバンクの転職支援は、受賞歴多数のコンサルタントが平均年収800万円のハイクラス転職を支援します。この記事をご覧になってご興味を持った方は、以下コンテンツでより詳しく私たちのサービスについてご覧いただけます

転職支援について コンサルタント紹介 求人検索 転職成功事例

こんな記事も読まれています

転職コンサルタントコラム
面接に望む心持
転職コンサルタントコラム
過度な売り手市場時に取るべき行動
転職コンサルタントコラム
転職活動のパートナーですよ