COLUMN

コラム

Uターン転職

転職コンサルタントコラム
畠中 由恵

転職の理由としてお伺いするもののひとつに「地元で働きたい」という「Uターン転職」があります。

「親が高齢になってきたため同居をしようと考えている」
「子供は地元で育てたい」
「都会暮らしが肌に合わず、ストレスを感じている」
「地元の友人がたくさんいる」

通常の転職では「業種」または「職種」を変えることになりますが、Uターン転職は日々の暮らし方、お金の使い方、家族のあり方など「ライフスタイル」をも変えることができます。

しかし、Uターンでの転職活動は、情報が集まりにくい、なかなか面接に行けないなど、通常の転職活動より難しく、より一層、情報収集と計画が必要となります。

1.希望にあった求人情報が少ない
地方では都市部と比較すると圧倒的に求人数が少なく、転職サイト、転職エージェント、ハローワーク、地方の求人フリーペーパーなど情報収集できるものをフル活用して徹底的に調べる必要があります。

2.業界・職種関係なしでの仕事探しが必要現職と同業種・同職種への転職がベストですが、そこに絞って探してしまうと、得られる情報の範囲が限られてしまう為、他業種・他職種でも活かせるキャリアを棚卸し、幅広く情報収集することをお勧めします。

3.年収はかなり下がることを想定
地方の給与水準は都市部と比べてもかなり低めです。そのため、年収100万円以上の減少は覚悟が必要です。100万円を月ベースで計算すると月8~9万円程度。地方では家賃は圧倒的に安いですが、車の維持費などそれ以外の出費も想定される為、より具体的な生活費のシミュレーションが必要です。

4.パートナーや子供のことも考える
地方での生活は豊かな自然が身近にあり、ゆとりのある暮らしができます。都心とは違う楽しさも増えますが、ご自身の地元に帰る場合は、パートナーや子どもにとっては初めての場所となるケースもあり、家族も環境の変化によるストレスを伴うため、家族との話し合いが不可欠です。

Uターン転職を成功させるために、客観的な立場から情報収集と優先項目の整理などのお手伝いをさせていただけたらと思っておりますので、ぜひご相談ください。

プロフェッショナルバンクの転職支援をご存知ですか?

プロフェッショナルバンクの転職支援は、受賞歴多数のコンサルタントが平均年収800万円のハイクラス転職を支援します。この記事をご覧になってご興味を持った方は、以下コンテンツでより詳しく私たちのサービスについてご覧いただけます

転職支援について コンサルタント紹介 求人検索 転職成功事例

こんな記事も読まれています

転職コンサルタントコラム
面接に望む心持
転職コンサルタントコラム
過度な売り手市場時に取るべき行動
転職コンサルタントコラム
転職活動のパートナーですよ