COLUMN

コラム

提示された年収に要注意

転職コンサルタントコラム
川上 健人

転職の意思決定を行う際、何を“決め手”として決断するか、人それぞれだと思いますが、大変重要なことであり、また大変難しいことでもあります。

“決め手”として、例えば、業務内容、職場の環境、会社の理念、任される責任や権限、提示された年収などなど。その中で、今回は『年収』についてお話をさせていただきます。

同業界、同職種、業務内容もほぼ同じ企業複数より内定を得た際に提示された年収額が何十万円も違うという事はよくあります。提示額だけで判断すると当然のこととして年収が高い企業がより魅力的に見えます。しかし、いくら提示された年収がいくら大変魅力的に見えたからといっても、すぐに入社意思を先方に伝えることは避けましょう。後々後悔しないよう、様々な条件を確認する必要があります。

例えば家族手当、住宅手当、退職金制度などの福利厚生があるのか、残業代は別途支給なのか見なし残業なのか、インセンティブはあるのかなど、様々な条件が加わることによって支給額は変動し、場合によっては100万円近く変わってくるケースもあります。企業によっては年収に対する概念も異なり提示方法も様々だからです。

また、いくら年収が高くても将来的に伸びる見込みがなければ、生涯年収として考えた場合、年収面という面での企業の魅力は低下するかもしれません。逆に入社時はあまり高い年収ではなくても、年収の伸び率が高い会社もあります。

しかし、これら年収に関する話は面接時に触れづらいと思います。我々エージェントは、あなたの代理人として、これら聞きづらい質問に対してもしっかりと確認して参ります。入社前に気になったことは必ず確認し、入社後にこんなはずではなかったという事にならないよう気をつけましょう。

プロフェッショナルバンクの転職支援をご存知ですか?

プロフェッショナルバンクの転職支援は、受賞歴多数のコンサルタントが平均年収800万円のハイクラス転職を支援します。この記事をご覧になってご興味を持った方は、以下コンテンツでより詳しく私たちのサービスについてご覧いただけます

転職支援について コンサルタント紹介 求人検索 転職成功事例

こんな記事も読まれています

転職コンサルタントコラム
面接に望む心持
転職コンサルタントコラム
過度な売り手市場時に取るべき行動
転職コンサルタントコラム
転職活動のパートナーですよ