COLUMN

コラム

チェックポイント

転職コンサルタントコラム
畠中 由恵

面接では、面接官がさまざまなポイントをチェックしていますが、
逆に皆さんが面接の際に見ているポイントはどこでしょうか。

先日、企業面接を辞退したいとのお申し出を受けたのですが、
その理由を伺ったところ「他社で内定したから」との回答でした。
どのような会社のどのようなポジションであるか伺ったところ
面接予定だった企業とは業種は異なるものの同じ営業職。

決め手は何ですかと伺ったところ、下記との回答でした。

◆希望年収に合わせた提示をしていただいた
◆1度の面接で内定をいただき、是非きて欲しいと言われた
◆面接官の熱意があり、一緒に働きたいと感じた

この方が面接で重視していたポイントは
「企業側の熱意」という点であったのだと感じます。

ただ、企業側の熱意を重視する場合、
最後の決め手としては非常に有効だと感じますが、
その他の判断基準を持たず、熱意だけで判断するのは
ミスマッチを引き起こす可能性があります。

内定することは非常に嬉しいことであり、嬉しさのあまり、
本来の転職の目的から離れてしまうことがよくあります。
また、想定外の選考フローや返答期限など企業のペースに翻弄されて
本来の転職の目的から離れてしまうこともよくあります。

そういったことを避けるためにも、面接を受ける前から、
「もしこの企業から内定をもらったらどうするか」を具体的に考え、
「△△だったら○」、「▲▲だったら×」というように
判断基準を明確にし、面接後に改めて確認することをお勧めします。

プロフェッショナルバンクの転職支援をご存知ですか?

プロフェッショナルバンクの転職支援は、受賞歴多数のコンサルタントが平均年収800万円のハイクラス転職を支援します。この記事をご覧になってご興味を持った方は、以下コンテンツでより詳しく私たちのサービスについてご覧いただけます

転職支援について コンサルタント紹介 求人検索 転職成功事例

こんな記事も読まれています

転職コンサルタントコラム
面接に望む心持
転職コンサルタントコラム
過度な売り手市場時に取るべき行動
転職コンサルタントコラム
転職活動のパートナーですよ