COLUMN

コラム

兄の話

転職コンサルタントコラム
高橋 啓

兄のことを考えた。幼いころ、私にとっては怖い兄だった。

工業高校を出た後、暫く建設現場で働いていたが、
私が小学生の頃、彼は仕事を辞めて、ぷらぷらしていた。

その頃、定職に就かない兄に、私は厳しくあたるようになった。
一人前に叱咤したこともあったが、怖いと思っていた兄が、
当時は自信を無くしていたのか、反論は無かった。

先般、「進むこと」と「進めること」という話を聞いた。
非常に心に突き刺さる内容だった。
もちろん、自分たちの日々の仕事を踏まえた話。

進むこと⇒意志の問題
進めること⇒力の問題

力の問題とは、どれだけ資産を形成しているのか。
資産は日々の人脈。日々の努力。

しかし、兄のことを、なぜか思い出した。
25年以上も前のやり取りに対し、今も後悔している。

当時の兄は進む意思があった。しかし進めることができなかった。
一番の味方であるべき私が兄に辛く当たっていた。

その後、兄は地元の塗装業に就職が決まった。彼の先輩の会社らしい。
彼は、その会社に25年もの勤務をし、昨年、表彰を受けた。

24時間勤務の三交代だが楽しく仕事をしているそう。
私の心配など無くても進めることができていた。

久々にGWに地元に帰る予定。たまには兄と酒でも一緒にしてみるか。

プロフェッショナルバンクの転職支援をご存知ですか?

プロフェッショナルバンクの転職支援は、受賞歴多数のコンサルタントが平均年収800万円のハイクラス転職を支援します。この記事をご覧になってご興味を持った方は、以下コンテンツでより詳しく私たちのサービスについてご覧いただけます

転職支援について コンサルタント紹介 求人検索 転職成功事例

こんな記事も読まれています

転職コンサルタントコラム
面接に望む心持
転職コンサルタントコラム
過度な売り手市場時に取るべき行動
転職コンサルタントコラム
転職活動のパートナーですよ