COLUMN

ハイクラス転職のコツ

ハイクラス転職のコツ

ハイクラス転職のコツ

1.ハイクラスの転職とは何ですか

昨今目にすることが多い「ハイクラスの転職」とは、主に部長以上の管理職、かつ年収800万以上を超える求人への転職を指します。

また、年収が800万以下であったとしても、経営の舵取りに強い影響力を持つポジションである点を重視し、ハイクラスの転職と呼ぶケースもあります。

2.一般的な転職との違いは何でしょうか 

ハイクラス転職の求人が公開されているケースは稀で、基本的にはエージェントが非公開求人として扱っています。そのため、転職希望者は情報を集めづらい環境にあります。

また、ハイクラス転職の対象年齢は35~55歳の間で設定されている場合がほとんどです。一般的な転職者の平均年齢31.7歳(DODA調べ)と比べ年齢層が高いのが特徴です。

転職後の役職としては原則部長職以上が想定されます。新設ポジションの場合は、役職がつかない形で入社した後、社長・役員が直属の上司として据えられることもあります。

ハイクラス転職では過去の実績や人柄が重視されます。一般的な転職で有利に働く高学歴や海外でのMBA取得などに重きが置かれない点も特徴として挙げられます。

3.求められる能力やスキルはどのようなものでしょうか

経営に対しての提言を論理的に伝えることができる能力と、熱量をもって部下や周囲を巻き込み変革を実行していく能力が求められます。

また、過去の実績に付随するマネジメント能力や人柄、結果に至るための思考力と行動力がスキルとして評価されます。

4.ハイクラス転職のメリットは何ですか 

ハイクラス転職を希望する方は転職において、役職・年収を上げることよりも、やりがいを感じられる環境へ移ることを重視する傾向にあります。現職でも十分経営にインパクトを与えられる立場にいる方々が、更なるやりがいを求めて転職市場に飛び込む例も見受けられます。

転職者の平均年齢が上昇傾向にある現在、より高い位置から経営全般を見ていきたいという希望を持つ方は急速に増加しているようです。

5.ハイクラス転職のデメリットは何ですか 

転職にはリスクもあります。現職で結果を残すことができ出来ても、環境が変わると相応の成果を挙げられなくなる方もいらっしゃいます。また、即戦力として入社するため周囲からの期待は必然的に高くなります。現職に留まることで得られる将来的なポジションと安定感を捨て外の世界に行くことはリスクである、という考え方もできます。

6.ハイクラスの転職に成功する人の特徴を教えてください

ハイクラス転職を成功させる方に共通しているのは、その企業の文化や風土に馴染むことを優先する点です。たとえ自分自身が正しくても、周囲の協力を得られなければ仕事の推進力は落ちてしまいます。特にハイクラスの方に求められるのは個人としての成果ではなく、組織全体、会社全体へ大きなインパクトを与えることのため、入社後は組織へ馴染むことを優先し、メンバーの特徴を踏まえて、事業を推進していく土台を固めることが大切です。

7.ハイクラス転職に失敗する人の特徴を教えてください

ハイクラス転職に失敗する方の特徴で共通するのが、前職の文化を新しい環境にそのまま持ち込んで周囲に強要してしまうことです。ハイクラスになればなるほど過去の成功体験に縛られてしまうため、事前に転職の失敗事例を聞き念頭に置いていても、新しい文化を吸収することが難しくなってしまいます。新しい会社の組織や文化に馴染み、周囲からサポートを得るために、自ら行動できるかどうかがハイクラス転職の明暗を分けるカギとなります。

8.ハイクラス転職を成功させるためのポイントは何ですか

ハイクラス転職を成功させるためには、まずは自省の時間をしっかりと設け、自分が本当に得たいものは何かを明確にすることが大切です。特にハイクラスの方は現業が忙しいため、自分を見つめなおす時間を持つことはなかなか難しいかもしれません。

しかし、自分が何を得たいかを常に問い続けなければ、年収が高い会社、規模の大きい会社、福利厚生がよい会社など、見た目の綺麗さだけを求める転職になってしまいます。企業の外見だけではなく、内面までもしっかり見通した転職活動としてほしいです。

9. 選考書類制作のコツは何ですか

職務経歴作成の際はこれまで企業のどのような課題に対し、何を感じ、どのような対策をうったかを必ず記載してください。業績や実績の結果だけを並べる人を見かけますが、数字を出すことが出来た背景や理由が大切なのであり、数字を出した事実だけでハイクラスの方の実績を評価することはできません。

結果的な数値は関わったメンバーの力量や景気の影響を受けやすいことに加え、ハイクラスの方は自分でどんな仮説を持ち行動に移したかがスキルとして評価されるからです。

10. 面接のコツはなんですか

実績だけでなく、実績に導いた過程を必ず面接官に伝えてください。ハイクラス転職の場合、一次面接から応募企業の経営陣と相まみえることになります。彼らが見たいのは、応募者のマネジメント能力や人柄であり、他者を押しのけて作った数字ではなく、周囲を巻き込んで作った数字の方が評価されます。

そのため、どのような企業課題に対して、どのような仮説を立て行動に移したのかを伝えることが重要です。

プロフェッショナルバンクの転職支援をご存知ですか?

プロフェッショナルバンクの転職支援は、受賞歴多数のコンサルタントが平均年収800万円のハイクラス転職を支援します。この記事をご覧になってご興味を持った方は、以下コンテンツでより詳しく私たちのサービスについてご覧いただけます

転職支援について コンサルタント紹介 求人検索 転職成功事例