転職コンサルタントの独り言

事業投資ファンドが地域経済に与える可能性

2018年08月22日
担当
岡庭 正人

先日、中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)が独立系の事業投資ファンドに約60億円の出資をするという記事を拝見しました。

これまで中小機構も個社に対しての支援を実施していましたが、地方の過疎化や後継者不足など地域経済の課題が複雑化する中、起爆剤として投資ファンドとの連携を加速した動きです。

投資ファンドは多くの中堅・中小企業の事業承継を担った実績がある為、地域企業の活性化を促進することに高い期待が出来る。ただ、その達成に必要となるのが、経営を引っ張る人材。

大承継時代を迎える日本にとって、地方の企業や地域の活性化を担っていただけるプロ経営やプロ経営候補の存在は注目度も高くなっている。

日々の仕事を通じて、この両者を繋ぐインフラとなり、貢献していきたい。

その他コンサルタントの独り言はこちら

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

各種ご質問、エントリー(無料)はこちら

  • よくある質問
  • エントリー(無料)

お電話でのお問い合わせ

0120-264-552受付時間:月~金/8:00~20:00
トップへ戻る