CM15秒

2016年09月02日
担当
村田 誠司

仕事の報告をする時など、ダラダラとした状況説明から入り、結論から言えない人がよくいたりしますが、そういう時は、CMの尺と同じように15秒で報告をすると良いようです。

まずは、簡潔に結論から答え15秒でまとめて報告。

15秒でまとめた報告に対して、更に詳細を求められたら、質問内容に対しての回答をしていく。

採用面接においても同じことが言えそうです。

面接官の質問に対して、あれも言おう、これも言わなきゃと、一度にてんこ盛りの回答(説明)をして、収拾がつかなくなってしまった経験をした方もいらっしゃるかと思います。

まずは15秒で答える。

そして、面接者が加えてきた、面接者が聞きたいと思っていることに対して答える。この繰り返しで、質問者の聞きたいことのニーズを満たすことができ、スムーズなコミュニケーションに展開するのであります。

15秒、意識してやってみることをお勧めします。

その他コンサルタントの独り言はこちら

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

各種ご質問、エントリー(無料)はこちら

  • よくある質問
  • エントリー(無料)

お電話でのお問い合わせ

0120-264-552受付時間:月~金/9:00~17:30
トップへ戻る