転職コンサルタントの独り言

履歴書・職務経歴書のポイント

転職活動開始!となった時、社会人経験の深い方でも意外に迷われるのが書類の書き方です。

書き方のコツとしては、
・簡潔で分かりやすいこと
・自分の強みがしっかり伝わること
・ポジティブであること
であると思います。

ご自身で培った経験や成果に対しての狙い「戦略」と数値を踏まえた「実績」、「改善案」と「その理由」、などがあると説得力が増します。成果までのプロセスや想い、などの記載で長文化する方も多いですが、そこはぐっとこらえ、ぜひシンプルで強い内容を創り上げてください。

そして、当然ミスがないこと。

先日、上場企業の役員の方より、「日本の履歴書・職務経歴書のレベルが足りてない方が多くて驚く。海外ではミスがないのは当たり前!かつ書類はコミュニケーションツールであるから時系列の配置、強みの伝え方など工夫し、考えてあって当たり前なのに・・・」というお話を伺いました。

1日何十枚ものレジュメを読む人事担当への配慮なども含め見直しをかけていただければと思います。

ちなみに、書類は手書きでなくとも全く問題ありません。
(企業によっては手書きが指定されるケースはありますが)。

ワード、エクセルなど、今ではweb上にもたくさん雛形がありますが、ご自身が書きやすく、さらに強みが伝わる項目の欄のある書面を選択くださいね。

 

 

その他コンサルタントの独り言はこちら

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

各種ご質問、エントリー(無料)はこちら

  • よくある質問
  • エントリー(無料)

お電話でのお問い合わせ

0120-264-552受付時間:月~金/9:00~17:30
トップへ戻る