COLUMN

コラム

面接に望む心持

転職コンサルタントコラム
白石 和博

転職において面接は、“自分を伝える場”でしょうか
それとも“相手の質問に答える場”でしょうか

私は“相手の質問に答える場”だと考えております。

キャリア採用面接においては企業側も事業、業務の専門性にフィット感を感じたからこそ面接の場が設定されております。企業はそもそもあなたに興味津々なのです。

そこで重要なのは相手を満足させることです。相手が抱えている疑問、質問、懸念をすべて払拭してあげる事で先方は満足し良い結果となる事が多いです。

一方自身が満足する為に話したい事を全部話しても相手に刺さらなければ意味がありません。面接は残念な結果となる事が多いです。

面接は相手が何を期待しているかを汲み取って満足させる場所だと考え準備頂けますと幸甚です。

プロフェッショナルバンクの転職支援をご存知ですか?

プロフェッショナルバンクの転職支援は、受賞歴多数のコンサルタントが平均年収800万円のハイクラス転職を支援します。この記事をご覧になってご興味を持った方は、以下コンテンツでより詳しく私たちのサービスについてご覧いただけます

転職支援について コンサルタント紹介 求人検索 転職成功事例

こんな記事も読まれています

転職コンサルタントコラム
過度な売り手市場時に取るべき行動
転職コンサルタントコラム
転職活動のパートナーですよ
転職コンサルタントコラム
事業投資ファンドが地域経済に与える可能性