COLUMN

コラム

退職交渉を上手く進めるには?

転職コンサルタントコラム
草本 忍

さて転職活動の末、無事意中の企業に内定をもらえました。大変嬉しい出来事ですが、まだ大きな仕事が残ってます。現職との退職交渉ですね。これは結構頭痛いです。

退職交渉で重要なことは「現職に残る意思がないことを明確に伝えること」「早く動くこと」です。

全てではないですが、退職交渉が長引いているケースで多いのがよくよく話を聞いていると「引き留めたらなんとなく残ってくれそうな」という雰囲気で現職と交渉されている場合です。

この場合は猛烈に引き留められるか、放置されて長引く場合が多いです。私は求職者の方によくアドバイスするのは「最初の申し出の時が何より大事です。絶対に辞めるという意思が伝わるようにお話して下さい」です。

企業も「引き留めても無駄だな」と思ったら先のことを考えますので、次は退職日の調整、後任の話などに進んで行きます。もちろんまれに企業の体質や上司のタイプによっては、全く聞いてもらえないケースもあります。

この種の交渉の場合、法律上では従業員サイドが圧倒的に強いので、物理的には「辞めれない」というのはありえないので、結局は本人次第ですね。

もちろんお世話になった会社ですし、特に同じ業界の場合ですと今後もつながりがありえるので喧嘩別れをする必要はありませんが。。。

前回も書きましたが、「辞めれませんでした」というのは内定先企業にとって大きなダメージです。行くと決めたら早く強く進めて行くことです。退職交渉も一つの評価ですから。

プロフェッショナルバンクの転職支援をご存知ですか?

プロフェッショナルバンクの転職支援は、受賞歴多数のコンサルタントが平均年収800万円のハイクラス転職を支援します。この記事をご覧になってご興味を持った方は、以下コンテンツでより詳しく私たちのサービスについてご覧いただけます

転職支援について コンサルタント紹介 求人検索 転職成功事例

こんな記事も読まれています

転職コンサルタントコラム
面接に望む心持
転職コンサルタントコラム
過度な売り手市場時に取るべき行動
転職コンサルタントコラム
転職活動のパートナーですよ