COLUMN

コラム

職務経歴書について

転職コンサルタントコラム
草本 忍

職務経歴書についてどんな風に書いたら良いか?というご質問を受けます。結論から申し上げると特に大きなルールはないのですが、ポイントで言うと下記でしょうか。
1、実績が明確に分かる。
2、どういう会社でどんなことをしているのかが分かりやすい。
3、応募企業の求めるスキルに対して明確に打ち出されている。

結構当たり前ですが、案外できていない方が多いです。書き方次第では書類が通るのに、ということはまま目にします。
例えば営業の方などあまり著名な会社ではない場合、「どういう会社で」「どういう商品を」「誰を相手に」ということが明確ではないと多くの書類が集まる企業では採用担当から良く分からない、とスルーされることもあります。
実際には社内でも突出した実績を出しているのに、数字として記載できていないなど。これなんか本当にもったいないですね。

会社によっては職務経歴書もひとつのプレゼンテーションとして、あまりにも薄い内容だとそれだけでNOになる場合もあります。

いつでもアドバイスするのでお気軽にご連絡下さい。

プロフェッショナルバンクの転職支援をご存知ですか?

プロフェッショナルバンクの転職支援は、受賞歴多数のコンサルタントが平均年収800万円のハイクラス転職を支援します。この記事をご覧になってご興味を持った方は、以下コンテンツでより詳しく私たちのサービスについてご覧いただけます

転職支援について コンサルタント紹介 求人検索 転職成功事例

こんな記事も読まれています

転職コンサルタントコラム
面接に望む心持
転職コンサルタントコラム
過度な売り手市場時に取るべき行動
転職コンサルタントコラム
転職活動のパートナーですよ