CASE STUDY
指名の人材を採用したいケース

海外に進出したい

クライアント様の声

事前に候補者の現状や転職する場合の希望を
レポートしてもらっていたため、こちらの想いを
相手に伝えやすかったです。

指名でのハンティングを引き受けてくれると聞きプロフェッショナルバンクへ依頼しました。採用したい個人ははっきりと決まっていましたが自ら声をかけて口説くノウハウは無く、同業他社を直接勧誘することにもためらいがありました。

依頼後、1か月とたたず候補者との面談を設定してくれました。事前に候補者の現状や転職する場合の希望をレポートしてもらっていたため、こちらの想いを相手に伝えやすかったです。

DETAIL

事例の概要

クライアント様企業情報
業種 精密機器メーカー
従業員数 300~700名
抱える課題 海外の現地法人の責任者が欲しい
ご依頼の経緯
クライアントはニッチな商材を扱っているが国内TOPシェアを誇っており、今後、自社開発機器を海外マーケットに拡販さるための責任者を必要としていました。
解決すべき採用の課題
外資系の候補者がバイネームで存在するので採用したい

ACTION

実際のアプローチ

クライアントが実名をピックアップした、海外拠点設立から営業活動まで全てを任せられる人材をヘッドハンティングする

プロフェッショナルバンクの
指名ハンティングで採用に成功

POSITION

採用成功者のポジション

BEFORE

営業MGR

年収1400万円

AFTER

海外拠点責任者

年収1200万円

POINT

成功のポイント

  • ターゲット人材の企業や氏名が特定された指名ハンティングであった
  • ターゲット人材は別企業へ転職していたが、転職先企業でもヘッドハンター経由でスムーズにコンタクトを取ることができた
  • 海外拠点の立ち上げと経営者が持つビジョンにやりがいを感じてもらえた

MESSAGE

ヘッドハンターから一言

tatsuroenomoto

外資系でスペシャリストとしてやっていくか、規模は小さくても経営に近いポジションで事業運営をやっていくか、が選択のポイントでした。年収ベースが多少落ちてもやりがいを求めた候補者の決断をこれからも応援していきたいと思います。

MANAGEMENT AND EXECUTIVE TALENT
経営者・エグゼクティブ人材のご紹介

次の世代を担う経営人材の獲得のための人材紹介サービスもご用意しております。事業のライフサイクルや企業ステージを意識し、次の成長や発展に貢献する経営人材の獲得を支援します