CASE STUDY
要件がピンポイント(ニッチ)なケース

国内に数社しか候補者の対象企業がない

クライアント様の声

面談時に当社の課題や仕事の魅力を
感じてもらえるように準備ができました。

欲しい人材が国内でも希少すぎるほどのニッチな開発職だったため、生え抜きの育成かヘッドハンティングの選択肢しかなくプロフェッショナルバンクに依頼しました。
依頼後、即座に同業で閉鎖予定の研究所施設があることを突き止めてくれて、早急にコンタクト、面談を設定してもらえました。初めての転職でご家族の反対もあったようですが、ご納得いただけるまでの条件交渉をヘッドハンターが代行してくださいました。

DETAIL

事例の概要

クライアント様企業情報
業種 食品メーカー
従業員数 1~50名
抱える課題 開発責任者の後任としてピンポイントな即戦力人材が必要
ご依頼の経緯
クライアントは、ある特定商品の味を決める開発マネージャーの退職に伴い後任を探していましたが、通常の採用ではどうしても見つかりませんでした。「食品の開発」という大枠ではなく、完全に同業務の経験者を必要としていました。
解決すべき採用の課題
国内で従事する開発者が希少なため採用が難しい

ACTION

実際のアプローチ

同様の商品を生産している数社より開発者をヘッドハンティング

プロフェッショナルバンクの
フルサーチハンティングで採用に成功

POSITION

採用成功者のポジション

BEFORE

研究職

年収700万円

AFTER

開発責任者

年収800万円

POINT

成功のポイント

  • 同業で閉鎖予定の研究所を突き止めることができた
  • 候補者は研究所閉鎖による転勤を余儀なくされていたため、依頼企業の所在地が魅力だった
  • ライフプランと現職、転職後の雇用条件を照らし合わせて、候補者がより豊かになる設計を立てられた

MESSAGE

ヘッドハンターから一言

kazumasakurose

旧態依然とした組織の中で安定したポジションにいる方が、ご自分の可能性を信じて決断されたケースです。大きな壁がいくつかありましたが、自分の価値観を見つめ直し、ひとつひとつの壁を納得してクリアし、本当の仕事のやりがいを再発見されました。

MANAGEMENT AND EXECUTIVE TALENT
経営者・エグゼクティブ人材のご紹介

次の世代を担う経営人材の獲得のための人材紹介サービスもご用意しております。事業のライフサイクルや企業ステージを意識し、次の成長や発展に貢献する経営人材の獲得を支援します