「志事」の選び方

2017年03月01日
担当
白石 和博

私が以前上司から教わった言葉です。
仕事ではなく、志事をするようにと。

仕事とは会社に指示によって業務を行うこと。
志事とは自らの志、信念によって公のために取り組むこと。

転職を考える際には「現職のここが嫌だ」「次はこのような事をやりたい」などの何かしらの想い、志があって考える事がほとんどだと思います。

自分は「どこで」「何をして」「どの程度お給与を頂いて」働いていくのかという明確なものを描くことが出来た時、それは仕事ではなく「志事」を探す準備が出来たという事になると考えます。

私の転職時の実例では、
「どこで働くのか」
「仕事のリードタイム単位はどの程度か(数か月or数年)」
「誰の為に働くのか(目の前の方々or不特定多数)」
「自分の生活にどの程度の給与が必要なのか」
という軸を持って考えました。

皆様の転職活動のお役立ちになれば幸いです。

皆様の志を生かした「志事」を探し出し、働いて頂く事が出来る様、私も日々鍛錬していきます。

その他コンサルタントの独り言はこちら

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

各種ご質問、エントリー(無料)はこちら

  • よくある質問
  • エントリー(無料)

お電話でのお問い合わせ

0120-264-552受付時間:月~金/8:00~20:00
トップへ戻る