ゲーム編

ゲーム業界、どの領域の採用が活発なのだろうか?

ゲーム業界を大きく3つに区分すると、「コンシューマー系」、「オンライン系(海外中心)」、「ソーシャル系」に分類される。今ではコンシューマー系と言われる企業でもオンラインやソーシャルの領域に出てきているので、明確な区切りは難しいが、皆さんが思い描く”昔からのゲームメーカー”をコンシューマー系。PCをした展開をしている企業をオンライン系。スマートフォンなどのデバイスに提供しているゲームメーカーがソーシャル系と考えていただきたい。

これらで採用が活発な領域はどこだろうか?

コンシューマー系 ・・・ 採用は活発
オンライン系   ・・・ 採用は活発
ソーシャル系   ・・・ 採用は非常に活発

いずれも活発であり、ソーシャル系は猫の手も借りたいレベルと言ってもよい。

一方で求める人材については、領域ごとに少し違っていると感じる。海外中心のオンラインを除く、コンシューマー系とソーシャル系について傾向を見てみると、

ソーシャル出身者が欲しいコンシューマー系

コンシューマー系は昔からゲームを作ってきた為、歴史や所有IPをたくさん抱えている。今後は売り切りのゲーム制作も行うが、以下の戦略的要素が強い。

>ソーシャルやオンラインなどにも幅を広げていきたい
>海外展開の色も強く、自社IPタイトルなどを広めていきたい

以上がメインの柱になっており、おのずと課金ビジネスのディレクション経験者がまず求められる。コンシューマー系ではこのビジネスモデルの確立が遅れている会社が多く、ソーシャル系の課金ビジネス経験者であれば転職後の裁量権は大きいだろう。また、幼少のころ自分が好きだったタイトルに携わりたいという社員が多いのがコンシューマー系。その輪に入ることに魅力を感じる人材も多い。

また海外とのブリッジになるような人材やそこに付随する法務や知財職などの求人も出てきている。

コンシューマー出身者が欲しいソーシャル系

デバイスであるスマートフォンの機能向上により、表現できる内容やシステムなどがドンドン進化している。単純なパズルゲームだった時代から「ストーリー」「キャラクター表現」など妥協できない部分も増えてきた。

>進化の激しいプラットフォームなので、そのスピード感に対応できるプランナー
>現在のデバイスの能力を最大限にいかした、面白いゲームの創造
>表現できる能力が高まった事による、妥協できないデザイナーの存在

が重要となっている。特にゲームスタジオなど、コンシューマー系で技術を磨いてきた方は必要とされる人材と言える。ソーシャル系で働く魅力は何と言ってもスピード感。ビジネス感覚で開発と成果(売上)の解析を行い、高いレベルへ突き進むことが出来る。

上記のようにコンシューマー系出身者をソーシャル系は求め、ソーシャル系出身者をコンシューマー系は求めるという循環が出来ているので、互いの領域に少しでも魅力を感じるのであれば門戸を叩いてみると良いだろう。

また、各領域でも企業としての方向性や”マッチするキャラクター”などは違ってくる。

・海外展開に重みを置いている企業
・3Dに力を入れている企業
・ゲーム以外にも多角化している企業

などの方向性が自分と合っているかを確認することも、入社後に違和感なく働けるかどうかのポイントである。【領域×企業の方向性】このポイントを常に考えながら最適な企業を探してもらいたい。

各種ご質問、エントリー(無料)はこちら

  • よくある質問
  • エントリー(無料)

お電話でのお問い合わせ

0120-264-552受付時間:月~金/8:00~20:00
トップへ戻る