社長メッセージ

プロフェッショナルが社会で活きる時代へ

株式会社プロフェッショナルバンク 代表取締役社長 児玉 彰 児玉 彰

株式会社プロフェッショナルバンク代表取締役社長 児玉 彰

世界経済のグローバル化により事業環境の変化は日に日に加速しています。企業経営において、スピード向上に最も効果的な資源は、プロフェッショナル人材の登用であると我々は考えます。

自社で保有するには“時間”や“資金”のかかる「ノウハウや技術」は、優秀なプロフェッショナル人材を登用することで、スピーディに効率良く取得でき、また抜きん出ることが可能であり、我々は実際に数多くのお手伝いを行って参りました。

”時間”を買うために年々件数が増えているM&Aでも、価格の折り合いが付かない、不要な部門も引き受けざるを得ない等の問題点が指摘されていますが、この問題もプロフェッショナル人材の獲得により、M&A同様の効果をはるかにリーズナブルに実現することが可能となります。

一方、働く人にとっての環境の変化はより激しいと言えるかもしれません。と言うのも既に、“産業寿命30年”というのは過去の話となり、金融危機以降の現在では、産業寿命は10年~20年と確実に働く側の労働寿命より短くなっています。かつての花形産業がいとも簡単に衰退産業になるというケースも稀なことでは無くなりました。それゆえ、自らのプロフェッショナリティの向上や異分野への転用が可能な環境になったとも言え、また、誰もが共通して持つ、“成長願望”の実現が可能な時代になったと考えます。

激動する現代に、さらなるプロフェッショナル人材の活躍によって、社会がより豊かになり、未来へと繋がっていくことが我々の願いです。

株式会社プロフェッショナルバンク 代表取締役社長 児玉 彰
児玉 彰

株式会社プロフェッショナルバンク 代表取締役社長 児玉 彰

代表略歴

1964年兵庫県生まれ。大学卒業後、株式会社パソナ入社。営業部を経てパソナオーストラリア現地法人代表就任。1993年株式会社パソナ営業部帰任。首都圏営業統括執行役員、東日本営業統括常務執行役員を歴任後2004年8月常務執行役員退任。その後株式会社プロフェッショナルバンク代表取締役副社長、2007年4月同社代表取締役社長就任。現任。

トップへ戻る