professional Bank 白書
Vol.071

世界主要企業におけるソーシャルメディア利用率の国別比較

2015年02月20日

世界主要企業における国別のソーシャルメディア公式アカウントの利用率は意外や意外、
ドイツがFacebook、Youtube、Google+において、発祥地である米国を抑えて1位。

一方、SNS規制の厳しい中国は、やはり総じて利用率が最下位でした。
日本の主要企業は、まだまだFacebookを選択する傾向が強いようですね。

※調査対象:
日経225企業及びフォーチュン「GLOBAL500」2014年版掲載企業のソーシャルメディア
公式アカウント利用状況(公式企業サイトと連携するアカウントを対象とした)

vol71

トップへ戻る